なた豆茶博士 | 効果・効能・おすすめランキング

なた豆茶の持つ効果・効能を詳しく解説します。また厳選した「なた豆歯磨き粉」もご紹介!おすすめランキングもあります。

花粉症に良いとされるお茶とは?

基礎知識更新日:

 

毎年花粉の季節になると、くしゃみ、鼻水、鼻づまり、目のかゆみに悩まれます。それでも毎日のスケジュールを変えることが出来ないですよね。だから薬やマスクなどで花粉症対策をします。でもしっくりしない。こんな人にオススメなのが健康茶と言われています。ここではその健康茶の中でも人気がある7選を紹介します。

花粉症の仕組み?

健康茶を紹介する前になぜ花粉症になるのか、その仕組みをについて解説します。
このような話しをすると、また難しい免疫の内容になるのですかと引いてしまいがちです。
ここではなるべく身近にあるものに例えて花粉症の仕組みについてお話しします。

まず花粉症と風邪やインフルエンザとの免疫反応の違いについてです。
風邪やインフルエンザは免疫力が落ちている時に感染することはよく知られています。が、それに対して花粉症は免疫力に関係なく発症します。
これが、花粉症と風邪やインフルエンザとの発症の違いです。

では、この時の免疫の働きはどうなっているのでしょうか。
花粉症と風邪やインフルエンザとの免疫の働き方について、身近な家族に例えて説明します。

初めに風邪やインフルエンザは家に進入してきた害虫と考えます。この時、一家全員で害虫退治に行きます。これが感染症への免疫の働きになります。そして一家全員でも手に負えないときに殺虫剤を使います。これが抗生物質や抗菌剤です。

それでは花粉症についてです。
花粉は親戚の人になります。そして、この親戚の人はいつも家に遊びに来ていました。一家とっては何の害もない人です。ところがある日、子供だけがこの親戚の人を嫌がるようになったのです。これが花粉症の始まりになります。そして子供は嫌いな親戚の人が来るたびに家の中で騒ぎます。これがアレルギー反応です。それから子供が騒ぎ、物を投げて壁などを傷つけるのが鼻水やくしゃみのもとになる炎症になります。投げる物がヒスタミンです。

それから、この親戚の人が来るたびに子供を抑えるのが免疫抑制になります。そして投げる物を取り上げるのが抗アレルギー作用になります。

これで花粉症と風邪やインフルエンザへの免疫の働きについて違いについて、おわかりいただけたでしょうか。

甜茶(てんちゃ)

今、花粉症対策で1番人気を集めている健康茶が甜茶になります。その理由は甜茶が薬のように花粉症に効くという臨床試験データーを持っているからです。このようなことは健康茶の中では珍しいことであります。それだけ甜茶の花粉症への効果に対して興味を持つ研究者がいることになります。

甜茶は中国南部広西省の山地が出身地になります。生薬名は甜葉懸鈎子(てんようけんこうし)と言います。この甜茶が花粉症に効くと言われる秘密は、この甜葉懸鈎子(てんようけんこうし)の中にある甘み成分ステビオサイドと言われています。

さらにステビオサイドの中に抗アレルギーが期待されるGODポリフェノールという成分が入っていることが分かっています。これが甜茶の花粉症に効く秘密になります。

*甜茶による花粉症への臨床試験30症例ついて
結果:甜茶を2週間飲んで頂いた時のスギ花粉症改善率
初期投与群(15例)53.5% 発症後投与群(15例) 6.7% 副作用 無
出典:三重大学耳鼻咽喉科
*通年アレルギー患者への臨床試験21症例ついて
結果:甜茶を4週間飲んで頂いた時のアレルギー症状改善率 47.6% 副作用 無
出典:三重大学耳鼻咽喉科
これらの臨床試験データーから甜茶は花粉症が発症する1ヶ月前から飲むのがオススメになります。でも花粉症が発症してからでも効果は期待できます。また甜茶の効果的な量は甜茶エキスとして1日80mg〜120mgと言われています。

べにふうき茶

日本で開発された渋い味わいのあるべにふうき茶は、花粉症の効くと言われている3つ成分を持った健康茶になります。べにふうき茶は花粉症対策のために作られたような健康茶です。
では、どうしてふうき茶が花粉症に良いと言われるのでしょうか。その秘密はメチル化カテキン・ストリクチニン・茶カテキンの3成分に隠されています。

・メチル化カテキン
メチル化カテキンは、鼻みず、鼻づまり、くしゃみ、目の痒み、鼻や喉のムズムズなどアレルギー症状の原因となるヒスタミンを静かにさせる働きがあるのです。

・ストリクチニン
ストリクチニンは、花粉である抗原に免疫として働くⅠ型抗体をしっかり鎮める働きがあるのです。花粉症は免疫の働き活発になるため、この働きは嬉しいことになります。

・茶カテキン
体の有害物質になる活性酸素を弱める働きと、アレルギーの原因となるヒスタミンを鎮める働きがあるのです。

べにふうき茶が花粉症に良いと言われる裏付けとして、野菜研茶機能解析研究室よりデーターが発表されています。
出典:「べにふうき緑茶のスギ花粉軽減効果」 野菜研茶機能解析研究室

べにふうき茶のオススメな飲み方は、熱いお湯を注いでから少し時間をおくとメチル化カテキンの働きが活発するようです。このことからティーパックがオススメになります。

なた豆茶

昔から解毒作用があると言われてきたなた豆茶はマメ科の植物であります。中国では漢方、日本でも薬として古くから使われてきました。現在、日本では蓄膿症に悩む人たちがよく飲んでいるようです。実はこのなた豆茶に花粉症対策となる成分が含まれていることが、いろいろな研究より分かってきたのです。

なた豆茶にはアレルギー症状の原因となるヒスタミンの働きを鎮める効果があると言われています。それはアレルギーを持つ人たちによる臨床試験で分かってきました。
出典:「薩摩刀なたまめ茶」の摂取によるアレルギー性鼻炎(通年性)諸症状改善およびヒスタミン遊離抑制効果」東海大八王子医療センター他

なた豆茶の花粉症対策を期待するには、2〜3ヶ月前から飲むのが良いと言われています。
また花粉症の時期になた豆茶でうがいをすることもオススメです。それは喉粘膜の炎症の原因であるヒスタミンへ直接作用するため、効果をしっかりと感じるはずです。なた豆茶の効果的な1日量は500mlと言われ、無理なく飲むことが出来ます。

ルイボスティ

香りも味も紅茶のようで飲みやすく若返りの健康茶ルイボスティには、花粉症対策になる働きがあると言われています。
このハイボスティは南アフリカが原産地になります。昔から南アフリカでは薬草として飲まれていたようです。

では、なぜルイボスティが花粉症に効く働きがあるのでしょうか。
それはハイボスティに含まれているフラボノイドがヒスタミンを静かにさせる働きを持っているからと言われています。
出典:「アレルギーとフラボノイド」大阪大学医学部呼吸器・免疫アレルギー・感染内科講座

ルイボスティーはノンカフェインで副作用のない健康茶です。だから子供や妊婦さんでも飲むことができると言われています。
またルイボスティーは花粉症に対して速効性も期待できると言われています。これはヒスタミンを鎮める働きがしっかりしているからです。喉のうがいにも適しています。
しかし花粉症対策としては発症する前から飲むこと長期間飲むことがオススメになります。

シジュウム茶

南米ブラジル・ペルー生まれのシジュウム茶はグアバ茶と親戚関係にあります。このシジュウム茶には花粉症を抑える働きがあると言われています。これはジャングルで鍛えられた植物としての力ではないかと言われています。

それは民間療法としてシジュウム茶に含まれるタンニンの働きと言われています。
出典:「シジュウムの効果とこれからの可能性」東邦大学第2小児科

シジュウム茶は副作用がないため、花粉症への速効性を期待して飲む時はティーパックの量を増やすと良いと言われています。またシジュウ茶はミント系のクセが少ない味なので普段から花粉症対策でお茶がわりに飲むことをオススメします。

ハトムギ茶

日本ではお馴染みのハトムギ茶、これは江戸時代から薬用として使われていました。このハトムギ茶はイボ取りや肌荒れによい働きがあると言われています。この効果に加えてハトムギ茶は花粉症対策にもよい働きがあるのです。またハトムギ茶はイネ科の植物になりますが、イネの花粉症を持った人でも大丈夫であると言われています。安心して飲むことができます。

それはハトムギ茶に含まれているヨクイニンには、抗アレルギー作用と抗炎症作用があるようです。
出典:「ハトムギの食品としての機能性と有用性」金沢大学大学院医学系研究科

ハトムギ茶を飲むと少しクセがあると言われています。でも飲み慣れることも大切なことになります。また麦茶と比較するとやや濃いめで価格も高めです。しかし1回作れば、家族全員で飲むことが出来ます。家族全員の花粉症対策ができる健康茶になります。

田七人参茶

田七人参はよく耳にする高麗人参と似ているのです。それは両方ともウドの一種だからです。でも田七人参は中国の一部だけに生息しているため、中国でも日本でも栽培出来る高麗人参より希少価値が高いのです。大きな違いは田七人参に含まれるサポニンが、高麗人参の4〜7倍多いと言われていることです。この田七人参の健康茶が花粉症対策によい働きがあると言われています。

その成分とはフラボノイドと言われています。このフラボノイドにはアレルギーの原因になるヒスタミンを鎮める働きが含まれているのです。
出典:「アレルギーとフラボノイド」大阪大学医学部呼吸器・免疫アレルギー・感染内科講座

田七人参茶の飲み方は1本のステックを500mlに溶かして飲むと花粉症対策になると言われています。それに高価な漢方のイメージがあり苦いと感じますが、田七人参茶はまろやかな味わいがあると言われ抵抗なく飲むことが出来ます。

まとめ

花粉症の原因は免疫システムの過剰反応とアレルギー反応による炎症の2つになります。健康茶はこの2つに作用することが明らかになってきました。だから、健康茶を長い期間飲むことが花粉症対策になるのです。

LINEで送る
[`evernote` not found]
Pocket

LINEで送る
[`evernote` not found]
Pocket