なた豆茶博士 | 効果・効能・おすすめランキング

なた豆茶の持つ効果・効能を詳しく解説します。また厳選した「なた豆歯磨き粉」もご紹介!おすすめランキングもあります。

なた豆の有効成分 コンカニバリンA とは?

FAQ更新日:

コンカナバリンAとは

コンカナバリンAはリンパ球やウィルス、悪性腫瘍細胞の働きかけに注目される成分で、免疫学研究でも注目される貴重な成分です。

化学の世界では単純タンパク質と言い、アミノ酸だけからなる単体のタンパク質です。
コンカナバリンAは唯一、なた豆だけに含まれる成分で、自然の免疫物質として注目を浴びるようになりました。

現在も研究が進んでおり、コンカナバリンA、カナバニンが口臭の発生源である歯周病に良い効果が現れると歯医者でも使用され、その成分の効果はしてなたまめ茶やなたまめ歯磨き粉、なた豆サプリなどにも活用され製品化されています。

コンカナバリンAの作用ってどんなものがあるの?

抗腫瘍作用があり癌の予防になると言われています。
なたまめに含まれる有用成分には、下記の2種類があります。

  • カナバニン
  • コンカナバリンA

どちらもなた豆から初めて抽出された有用成分で「膿」を出す効果があります。
体内に不必要な「膿」を抑え、排出する作用です。

カナバニンの作用

  • 排膿作用
  • 血行促進作用
  • 抗炎症作用
  • 血液や体液の浄化作用

これらの作用は下記の病気に効果をもたらせます。

  • 歯周病
  • 蓄膿症
  • 痔ろう

これらの病気は全て「膿」が原因となり、膿の生成を止めるだけでなく、「膿」の排出により完治を促します。

コンカナバリンAの作用

  • 抗腫瘍作用

この作用は下記のような病気に効果をもたらせます。

  • ガン細胞の増殖を抑制

コンカナバリンAは、ガン細胞の増殖を抑制する作用があると報告されています。

血圧とは切っても切れない関係にあるのが腎臓。腎臓の機能が低下すると余分な水分や塩分の排泄ができなくなりさらに機能低下に繋がり悪循環を引き起こします。
また、血圧が高くなるとかかりやすくなる病気が肝臓病。

腎臓や肝臓などの臓器の機能低下と高血圧は切っても切れない関係にあります。また、運動不足や食生活の乱れ、貧血気味な人には低血圧が多くみられます。

善した結果、血圧を下げる効果に結びつくということになるようです。
なた豆茶のウレアーゼによる血圧を抑える効果の報告は見られませんが、医療業界ではかなり注目されています。

LINEで送る
[`evernote` not found]
Pocket

LINEで送る
[`evernote` not found]
Pocket