なた豆茶博士 | 効果・効能・おすすめランキング

なた豆茶の持つ効果・効能を詳しく解説します。また厳選した「なた豆歯磨き粉」もご紹介!おすすめランキングもあります。

なた豆の効能(肝機能の向上)

基礎知識更新日:

なた豆をお茶にした「なた豆茶」は、いろいろな健康効果があることで今注目されています。
なた豆は昔から中国や日本で漢方薬として使われていましたが、最近の健康ブームによって
健康食品や健康茶としても有名になりました。

ここでは、なた豆茶の腎臓機能の向上について詳しくみていきましょう。
その前に、まずは腎臓について知っておく必要があるでしょう。

腎臓は体内の重要な臓器です

腎臓とは、体内の老廃物をろ過・排出することで尿を作り出し、血液・体液を正常にしてくれるとても
重要な臓器です。

脊椎の側面にあって体の前後を貫いている構造で、前方から「前腎」「中腎」「後腎」に分けられます。

この腎臓に異常が起きるのが「腎臓病」です。腎臓病にもいろいろな種類がありますが、腎臓病というのは腎臓機能が低くなることの総称なのです。
これには慢性腎臓病のCKDと、慢性腎不全のふたつに分けられます。

慢性腎臓病・CKDは最近患者が増えている病気です。
これは腎臓の機能が普通の人の60パーセント以下になって、「タンパク尿」等が出るなどの状態が長引く症状です。これを放っておくとますます腎臓の機能が低下し、透析・腎臓移植が必要になることもあります。

慢性腎不全とは、慢性腎臓病が数ヶ月~数十年かけて進行する症状です.こうなってしまうと現在では回復することが不可能ですが、食事療法等で進行を遅らせることができます。体内の老廃物を抑える為に、タンパク質と塩分を控えることが大事になります。

なた豆茶が腎機能を向上させる仕組み

このような症状を予防するために、なた豆茶を飲むことが効果的になるでしょう。

なた豆に含まれる「カナバニン」という成分は、血液・体液を浄化してくれる作用があって、腎機能を補佐してくれます。

さらに、なた豆には「コンカナバリンA」という成分が含まれていて、これがガン細胞の増えるのを抑制してくれます。腎機能低下によって起きる慢性的な腎臓病、腎臓がんの予防にもなるので、医学会でも注目されている成分です。

また、なた豆の効果と言えば体内の膿を排出する機能がありますが、この老廃物をろ過するのが
腎臓なので、なた豆茶を飲めば腎臓をサポートできるというのは理解できますよね。

なた豆には「カナバニン」「コンカナバリンA」という最強の成分があり、がお茶として気軽に摂れるので、腎臓病の予防・回復に最適ですね。

 

LINEで送る
[`evernote` not found]
Pocket

LINEで送る
[`evernote` not found]
Pocket