なた豆茶博士 | 効果・効能・おすすめランキング

なた豆茶の持つ効果・効能を詳しく解説します。また厳選した「なた豆歯磨き粉」もご紹介!おすすめランキングもあります。

なた豆の有効成分 カナバニン とは?

FAQ更新日:

腎機能低下には、カナバニン効果!

なた豆に含まれるカナバニンと言われる成分があります。
カナバニンは血液や体液の浄化作用があり腎機能の役割を大きくカバーしてくれます。

また、なた豆にはもう一つ優れた成分コンカナバリンAという成分が含まれ、ガン細胞の増殖を抑制します。腎機能の低下にともなう慢性的な腎臓病や、腎臓がんの予防にもつながります。
腎機能が低下している人にとってカナバニンとコンカナバリンAは最強の成分です。

なた豆茶は、カナバニンとコンカナバリンAの最強成分が手軽にお茶として摂取できるので、腎臓病の予防や回復に役立っているのです。

花粉症やアレルギー対策にオススメしたいナタマメの成分はカナバニン。抗炎症作用があるので、アレルギーの影響で炎症を起している患部に有効です。

また、マグネシウム・カリウム・亜鉛などのミネラルがたっぷり含まれているので、代謝の促進や免疫力の向上、老廃物の排泄などの効果も期待できます。

なたまめ茶で鼻炎改善

起きた時には鼻が詰まっていても、お茶を飲んでいると鼻が自然に通ることが多くなり、飲み続けるうちに鼻づまり自体が少なくなります。

花粉症の人がなた豆茶だけで改善することは難しいかもしれませんが、毎日飲むことで鼻炎、花粉症を改善できます。

 

LINEで送る
[`evernote` not found]
Pocket

LINEで送る
[`evernote` not found]
Pocket