なた豆茶博士 | 効果・効能・おすすめランキング

なた豆茶の持つ効果・効能を詳しく解説します。また厳選した「なた豆歯磨き粉」もご紹介!おすすめランキングもあります。

なた豆の育て方について

基礎知識更新日:

なた豆はアジア~アフリカの熱帯地方で栽培されている一年草で、これが大変健康によいということで昔から漢方薬にもなっていました。

なた豆は鞘・種ともにとても大きく、30センチから50センチにもなります。
なた豆はこのように見た目にも生命力のすごさを感じさせますので、縁起の良い豆としても商売繁盛や無病息災等のお守りにもなっています。

現在ではこのなた豆をお茶にした健康茶が、販売されています。
なた豆には腎臓や肝臓の機能を向上させてくれたり、免疫力を向上させてくれたりする効果があると
されています。

ではこのなた豆を、自分で育てることはできるのでしょうか。
もちろん、なた豆は一般的な野菜などではないので、普通の人が簡単に育てることは、難しいでしょう。

しかし、なた豆の育て方に興味があるかたのために、ここでなた豆の育て方を紹介しましょう。

なた豆の育て方

まず用土ですが、なた豆は酸性土壌に弱いため、1週間前に石灰をまいて、じゅうぶんに耕し、
土壌を中和させます。

なた豆の種まきは4月から6月の中旬までに行います。
ちなみに、寒い地方ならもっと暑い時期になってからまきます。
種まきをする前に、水に一晩つけておきましょう。

株間を40センチくらいに点まきしましょう。
覆土は1センチくらいで、手のひらとか靴で軽く踏んでおきましょう。

空いたスペースにはインゲン等を植えるのもよいでしょう。

なた豆の肥料は堆肥・化成肥料等を与えましょう。
寒い地方の場合は「トンネル」や「フレーム」等で暖かい温度を保ちましょう。

次に間引きです。なた豆の本葉が2枚から3枚になったら、
元気な苗を残し1本~2本立ちにしましょう。

土寄せと追肥ですが、本葉が4枚から5枚になったことに土寄せをし、
追肥に化成肥料をあげます。

なた豆はあの有名な童話「ジャックとマメの木」のマメの木のモデルだったといわれている木です。
そのため、サヤがたいへん大きくてツルもよく伸びるので、
支柱立ては2メートル以上のものにしましょう。

ここまでできたらいよいよ収穫となります。
なた豆のサヤが10cmくらいになったころから収穫ができます。

初心者にはやはり大変かも

簡素に述べましたが、これが、なた豆の育て方になります。
初心者には難しいと感じられるかもしれませんが、一般の家庭菜園と同じです。
よって、栽培に慣れている人にとってはなた豆の栽培はやさしいとも言われています。

なた豆栽培にチャレンジしたい人は、より簡単に栽培できる種類から始めてみると
よいのではないでしょうか。

 

LINEで送る
[`evernote` not found]
Pocket

LINEで送る
[`evernote` not found]
Pocket