なた豆茶博士 | 効果・効能・おすすめランキング

なた豆茶の持つ効果・効能を詳しく解説します。また厳選した「なた豆歯磨き粉」もご紹介!おすすめランキングもあります。

なた豆のおいしい食べ方

基礎知識更新日:

なた豆は健康効果が満点の一年草です。アジアやアフリカの熱帯地方で栽培されていて、特徴的なのがその大きさです。

なた豆の鞘の大きさは30センチから、大きいものでは50センチもの長さになります。

このなた豆は昔から漢方薬としても利用されてきて、現在ではお茶にもなって市販されています。
では、その他のなた豆の食べ方はどんなものがあるのでしょうか?

意外なことに、なた豆はカレーのお供であるあの「福神漬け」にもなっています。
ですので、なた豆について知らなかった人もカレーを食べているときに食べているかも
しれませんね。

また、なた豆の若い鞘というのは漬物や炒め物などにすると美味しいとされています。

なた豆を食べるときの注意点ですが、ほとんどの豆類には毒性があるといわれています。
なた豆にも毒性があって、とくにタチナタマメは毒が強くて食用になっていないので注意
しましょう。

また、赤なた豆はお茶にはなっていますが食用には向かないとされています。
ということで、なた豆を食べるなら「白なた豆」ということになります。

それではここで、なた豆を使った料理レシピを紹介してみましょう。

簡単に出来るなた豆料理2品!

まず、「なた豆の炒め物」です。
なた豆の炒め物は美味しいということで、作り方も比較的簡単なので安心です。

まず材料は、なた豆2本に、白胡麻を適量、サラダ油を大さじ1杯です。

作り方は、まずなた豆は硬いのでしっかり下茹でしましょう。
こうするとスジが取りやすくなります。スジをとってなた豆を千切りにします。
フライパンにサラダ油を入れて、なた豆を炒めましょう。
1・2分したらしょうゆ・砂糖・みりん等を入れて味をつけます。

最後に白胡麻を入れて出来上がりです。

なた豆の卵とじなども、わりと簡単にできるなた豆料理です。
材料はタマネギ半分となた豆1個、水1カップと卵が3個とめんつゆだけです。

まず、なた豆を適当な大きさに切り、タマネギを輪切りにしてから、
油を引いたフライパンでタマネギを炒めます。

ここへなた豆を入れて、1カップの水を入れて煮込みます。
ここにめんつゆを入れてからよくといた卵を入れて好きな固さにして出来上がりです、

どうでしょうか?とっても簡単ですよね。普段料理をしたことがない男性でも
できるのではないでしょうか?豆類だから、ビールのつまみなどにもできますね!

もちろん、このほかにもなた豆を使った料理はたくさんあるでしょう。
料理のレシピは無限大!ということで、自分でなた豆を使った料理を考えてみると
面白いのではないでしょうか?

薩摩なた豆爽風茶

LINEで送る
[`evernote` not found]
Pocket

LINEで送る
[`evernote` not found]
Pocket