なた豆茶博士 | 効果・効能・おすすめランキング

なた豆茶の持つ効果・効能を詳しく解説します。また厳選した「なた豆歯磨き粉」もご紹介!おすすめランキングもあります。

なた豆に含まれる主な成分

基礎知識更新日:

なた豆茶の主な成分と効果をご紹介します。

カナバニン

カナバニンは炎症を抑え、体の中の膿を体外へ排出する働きがあります。蓄膿症などの症状緩和に高い効果を発揮すると言われています。

コンカナバリンA

コンカナバリンAはアミノ酸の一種で、なた豆だけに含まれる自然由来の免疫物質です。特に鼻水、鼻づまりの症状改善や花粉症などに高い効果と言われています。
また、アレルギー症状などに高い効果があります。また、便秘にも効果が高く、ゆっくりと腸内に働きかけて、溜まった宿便を体外に排出してくれます。

ウレアーゼ

なたまめには「ウレアーゼ」と呼ばれる酵素が豊富に含まれています。このウレアーゼは腎臓機能向上させる働きがあります。これによりむくみを解消すると言われています。

サポニン

サポニンには脂肪の吸収を抑制する働きがあります。消化管をサポニンが通過するときに、余計な脂肪分を端から少しずつ落としてくれます。油が含まれる食事と一緒に、なた豆茶を飲めば、脂肪が体内に吸収される前に脂肪を落としてくれます。

そしてノンカロリー

なた豆茶はノンカロリーなので、毎日お茶として飲んでも安心です。

食事・休憩の友として、なた豆茶を毎日飲でんでも、体重が増えることはありません。

 

 

LINEで送る
[`evernote` not found]
Pocket

LINEで送る
[`evernote` not found]
Pocket