なた豆茶博士 | 効果・効能・おすすめランキング

なた豆茶の持つ効果・効能を詳しく解説します。また厳選した「なた豆歯磨き粉」もご紹介!おすすめランキングもあります。

高麗人参茶とは? 高い効果があります。

健康茶・ハーブティ更新日:

「高麗人参」というのは身体に良いということで有名な草ですよね。「ニンジン」という名称だからあの人参なのかなと思うかもしれませんが、実はウコギ科の多年草なんです。
原産地は中国・朝鮮半島で昔から薬用や食用として利用されていました。人参という呼び名は、昔は「人夢」と呼ばれていて、これは根の形が人の姿のようだからということでつけられたそうです。
高麗人参はほかにも「朝鮮人参」「オタネニンジン」といった呼び名があります。

ところでみなさんは、この高麗人参もお茶になっているということをご存知でしたか?高麗人参のお茶なんだからこれもいかにも健康に良さそうな感じがしますよね。

高麗人参にはどんな効能があるのか

ではまず、昔から健康によいことで有名な高麗人参の効能について紹介してみましょう。
まず、高麗人参は根に主要な薬用成分が含まれています。
ジンセノサイド」とよばれる成分は滋養強壮、動脈硬化や糖尿病などに効果があるとされています。
血圧を上げる効果があるのですが、実際に高血圧の人が飲むと血圧が下がったという話もあり、つまり身体によって調整作用があるとされています。
さらに、自律神経を整える効果もあります。

このような健康効果のある高麗人参は、江戸時代はとても高価であり、庶民が買える物ではありませんでした。しかし現在ではサプリメントやお茶となって、多少値段はするものの一般人でもネットなどからでも購入できるようになっているので、よい時代になりましたね。

高麗人参のお茶で健康な体を目指そう

ということで、高麗人参のお茶も上記のような効果があるとされています。滋養強壮・血行の改善・自律神経の改善などにも効果があるようです。
血の流れが良くなると、貧血の予防などにもなって、血管も強くなって生活習慣病の予防にもなるでしょう。もちろん、動脈硬化・高血圧・糖尿病にも効果があるでしょう。
滋養強壮といえばやはり疲労回復ですよね。また新陳代謝が改善されて、精力の増強などにも効果が期待できます。自律神経が調整されれば、ストレスの解消・うつ病・更年期障害にも効果があるでしょう。

副作用の心配はほとんど無いのですが、アレルギー体質の方などは注意しましょう。また、発熱時は飲むのを控えてください。

高麗人参茶の飲み方は、空腹時に、1日に3回飲むということです。
もちろん、購入したお茶をただ一回飲めば効果がすぐにでるものではありません。
高麗人参茶は独特のにおいもありますが、毎日続けるようにして飲んでいれば、健康な体作りを目指せますね。



LINEで送る
[`evernote` not found]
Pocket

LINEで送る
[`evernote` not found]
Pocket