なた豆茶博士 | 効果・効能・おすすめランキング

なた豆茶の持つ効果・効能を詳しく解説します。また厳選した「なた豆歯磨き粉」もご紹介!おすすめランキングもあります。

プアール茶とは? 最近では、原料茶葉を 日本国内でも栽培が行われています。

健康茶・ハーブティ更新日:

みなさんは、プアール茶という、ダイエット効果で一躍話題になった、有名なお茶をご存知でしょうか?

プアールの由来

プアール茶は、中国ではとてもポピュラーなお茶で、最も健康に良い黒茶として、親しまれてきました。最初にプアール茶が飲まれ始めたのは、中国の唐の時代からと考えられていて、2000年以上も前から存在している、とても歴史のあるお茶なのです。
ですが、プアール茶は、時代に応じて少し茶葉の形態が変わったりしているので、実際にプアール茶が作られたのは、800年ほど前から、とも言われています。プアール茶の原産は中国ですが、最近では、プアール茶の効能の高さから、
日本国内でも栽培が行われているのです。

プアール茶の作り方

プアール茶は、茶葉を発酵させることで出来上がり、完成するお茶です。1度茶葉に熱を加えて、いったん酸化発酵を止めます。そのあとに、乳酸菌や微生物によって茶葉を発酵させる、という過程により、作られています。プアール茶には、2つの種類があります。1つは、熟茶で、もう1つは、生茶となります。同じプアール茶でも、熟茶と生茶で、味わいや熟成期間が変わってきます。熟茶は、さらさらの茶葉の状態で販売されており、生茶よりも、色が濃いです。熟成期間は、早ければ1年ほどとなります。
生茶は、ブロック状になった状態で販売されていることも多く、長い時間をかけて熟成させることによって、お茶となります。熟成期間は短くても、5年ほどかかります。熟成させたお茶ほど価値がある、と中国では考えられていますので、生茶の方が良く販売されています。もちろん、熟茶も愛飲されています。

プアールの効果

プアール茶のダイエット効果として、緑茶には含まれていない、重合型カテキンと呼ばれている、カテキンの働きが、大きな役割をしてくれるからです。この重合型カテキンは、脂肪を体内に吸収されるのを抑えてくれます。また、脂肪を分解する酵素の働きを、活性化する、という働きも、同時にしてくれるのです。

まとめ

プアール茶は、茶葉を発酵させて作られているので、少し独特の匂いがあります。お味は、すっきりとしていて、クセがありません。プアール茶には、熟茶と生茶がありますが、日本で販売されているものは、熟茶が大半なのです。生茶よりも、熟茶の方が日本人の口に合うよう、苦味を抑えて、口当たりはまろやかに作られているので、購入する際には、是非、熟茶を選んで美味しく召し上がってくださいね。

1.材料は

2.特長的な成分は
カテキン

プーアール茶

LINEで送る
[`evernote` not found]
Pocket

LINEで送る
[`evernote` not found]
Pocket