なた豆茶博士 | 効果・効能・おすすめランキング

なた豆茶の持つ効果・効能を詳しく解説します。また厳選した「なた豆歯磨き粉」もご紹介!おすすめランキングもあります。

グアバ茶とは? グアバは、木や葉にも栄養がありお茶になります。

健康茶・ハーブティ更新日:

グアバ茶とは、健康促進にとても効果的な、グアバという、フトモモ科の常緑中高木植物から作られているお茶のことです。

グアバの由来


グアバは、熱帯や亜熱帯地域で栽培されています。日本以外では、ブラジルやアメリカ、インドやハワイなどの暖かいところで作られ、日本では、沖縄県で作られています。グアバが日本へ伝わってきたのは、大正時代と考えられています。
グアバは、世界に160種類以上もの品種があるといわれていること、同じ品種のグアバでも、地域により呼び名が異なる場合があるそうです。グアバは、お茶以外にも、グアバジュースやグアバカクテル、お菓子やジュースとしても、種類が豊富に販売されています。グアバのジュースやカクテルなどは、グアバの果実の部分を使用して作られていることが多いのですが、グアバ茶の場合は、果実の木や葉を使って、作られていることが多いです。グアバの果実にもビタミンCなどの栄養素がたっぷりと含まれているのですが、果実の木や葉にも、ビタミンや、ポリフェノールなどの、栄養素がたくさん含まれています。グアバ茶は、果実入りのものや、グアバの木や葉のみのものなど、種類が豊富に販売されています。
グアバジュースを飲んだことがある方は、グアバ茶を飲むと、全然味が違う、と感じる方もいらっしゃるのですが、当然のことながら、グアバのジュースには、砂糖などの甘味料をたくさん含んで、甘く作られています。グアバ茶は、甘味料などを含んでいない場合が多く、グアバの木や葉から作られている分、少し薬草のような匂いがしますが、お味はほのかに甘味を感じることが出来、すっきりとした後味となります。グアバ茶は、沸騰させたあとに、煮出し過ぎると、苦味や渋みが出てきてしまいますので、美味しくいただく方法としては、沸騰したあとは、あまり煮出し過ぎないように、ご注意してくださいね。

グアバ茶の効果

グアバ茶は、ポリフェノールとビタミンをたくさん含んでいる、というのが、大きな特徴となります。グアバ茶に含まれているポリフェノールは、タンニンやケルセチンとよばれています。どちらも強い抗酸化作用を持ちます。この抗酸化作用によって、糖尿病の予防や、アンチエイジング効果、アトピー性皮膚炎などの炎症を抑える働きもしてくれるのです。また、ビタミンは、ビタミンC、ビタミンE、ビタミンB1、ビタミンB2、βカロテンなどの、たくさんの種類のビタミンが、とても豊富に含まれています。
特にビタミンCが豊富に含まれていて、なんと、レモンの2.2倍も含まれているのです。ビタミンCは、シミやそばかす、ニキビなどの吹き出物が出来るのを防いでくれたり、肌にツヤやハリも与えてくれます。

まとめ

グアバは、果実だけではなく、木や葉にも栄養があり、お茶として活用できます。
1.材料は
フトモモ科の常緑中高木植物
2.特長的な成分は
ポリフェノール、ビタミン

LINEで送る
[`evernote` not found]
Pocket

LINEで送る
[`evernote` not found]
Pocket