なた豆茶博士 | 効果・効能・おすすめランキング

なた豆茶の持つ効果・効能を詳しく解説します。また厳選した「なた豆歯磨き粉」もご紹介!おすすめランキングもあります。

べにばな茶とは? べにばな茶は、女性に嬉しいお茶です。

健康茶・ハーブティ更新日:

べにばな茶とは、べにばなという、植物から作るお茶のことです。

べにばなの由来


べにばなは、キク科の1年草で、黄色い花を咲かせます。漢字で 「紅花」 と書き、べにばなは、和名となります。海外などでは、サフラワーティーとして、販売されていることが多いです。日本へは、6世紀末から7世紀初めごろに、
朝鮮半島から伝わってきたと言われています。べにばなは、染色として古来から利用されてきました。現在では、べにばな油という、高品質な食用油としても、親しまれています。

べにばな茶の効果

べにばな茶は、女性特有の疾患を改善するのにとてもおすすめのお茶です。1つめは、冷え性の改善効果が見られる、というところです。べにばな茶には、血液の流れを良くして、身体を温める効果があります。この身体を温める効果により、冷え性以外にも、月経不順や、生理痛の悪化などの、緩和にも役立ちますよ。2つめは、アンチエイジング効果が見られる、というところです。べにばな茶には、ビタミンEが豊富に含まれているので、抗酸化作用が見られます。この抗酸化作用によって、老化防止、アンチエイジング効果を得ることが出来るのです。また、ビタミンEの抗酸化作用によって、アンチエイジング効果だけではなく、動脈硬化や、高血圧の予防にも繋がります。

べにばな茶の摂り方

べにばな茶は、赤茶色で、お味は、まろやかであっさりとしていて、飲みやすいです。ほのかな甘味を感じることが出来ます。べにばな茶の美味しい淹れ方として、2つの方法があります。まず1つめは、急須で淹れる場合です。小さじ1杯分のべにばな茶を急須に入れて、熱湯を注いで、お好みの濃さにすれば、完成です。2つめは、煮出しで淹れる場合です。やかんにお水を1リットルほどいれて、べにばな茶を大さじ2~3杯分、加えます。火をかけて沸騰してきたあとに、弱火にして、7〜8分ほど煮詰めれば、完成です。
べにばな茶を美味しく飲む方法として、べにばな茶の濃さを、自分好みにする、というところが大きなポイントとなってきます。1度、べにばな茶を煮出したあとに、2、3度同じ茶葉で飲むことが出来るので、ご自身の好みの濃さを、見つけてみてくださいね。
べにばな茶には、ぜひ飲んでいただきたい、おすすめの時間帯があります。それは、食後と、就寝前となります。なぜかというと、食後にべにばな茶を飲むことで、血行を良くして、身体を温める効果を得ることが出来るからです。冷え性の方は、べにばな茶で身体を温めてから、安眠することが出来ます。
また、べにばな茶は、ノンカフェインです。就寝前にホッと一息つくことも可能ですので、こちらもおすすめの時間帯となります。

まとめ

べにばな茶は、女性におすすめのお茶です。
1.材料は
キク科の一年生植物
2.特長的な成分は
ビタミン

LINEで送る
[`evernote` not found]
Pocket

LINEで送る
[`evernote` not found]
Pocket