なた豆茶博士 | 効果・効能・おすすめランキング

なた豆茶の持つ効果・効能を詳しく解説します。また厳選した「なた豆歯磨き粉」もご紹介!おすすめランキングもあります。

よもぎ茶とは? よもぎは、 「ハーブの女王」 と、呼ばれていいます。

健康茶・ハーブティ更新日:

よもぎ茶とは、名前の通り、よもぎの葉から出来たお茶のことです。

よもぎの由来


よもぎと聞くと、よもぎ餅をイメージする方も多いのではないでしょうか? そんなよもぎを使ったお茶は、クセがなく、香ばしさがあるお味となります。
ホットでもアイスでも召し上がっていただくことが可能で、特に、アイスで飲む場合は、夏場などに、すっきりとした喉越しで、美味しくいただくことが出来ます。
よもぎは、万葉集や枕草子にも登場しており、現在、道路わきや庭先などの、日本のいたるところに生息しています。本以外にも、よもぎは、イスラエルや、北アフリカにも生息しています。
特定非営利活動法人緑地雑草科学研究所によると、よもぎは、民間薬として、傷の出血や、痛め止め、下痢止めや胃薬、虫除けなどという、昔から、幅広い役割を果たしてきていた、ということが記載されています。
実は、よもぎ茶は、 「ハーブの女王」 と、呼ばれていることをご存知でしょうか? よもぎは、日本代表のハーブとも言えます。そんな呼び名がつくほどの、よもぎ茶の効能はどんなものなのか、気になりますよね!

よもぎの効果

まず1つめの効能として、よもぎには、クロロフィルという成分が含まれているところです。このクロロフィルの働きによって、デトックス効果が期待出来るのです。なぜ、デトックス効果が期待出来るのかというと、腸内環境を整えるために、食物繊維が必須であるからです。食物繊維であるクロロフィルが、よもぎには、とても豊富に含まれています。どれくらい豊富に含まれているのかというと、よもぎには、ホウレンソウの約10倍もの食物繊維が含まれている!というから、驚きですよね。
また、シオネールという成分の働きによって、血液の流れを良くして、冷え性の改善にも繋がります。ハーブの女王であるよもぎ茶の効能は、これでけではなく、この身体を温める効果によって、さらにたくさんの嬉しい効果を手に入れることが出来ます。
身体を温めるという効果は、身体の血液の流れを良くするという作用も得られます。身体の血液の流れが良くなると、冷え性の改善や、肩や腰のコリの改善にも繋がりますし、さらには、むくみの改善にも繋がるのです。嬉しい改善効果を、1度に得ることが出来るというのは、やはり嬉しいですよね。

よもぎ茶の摂り方

よもぎ茶は、自宅で簡単に美味しく作ることが出来ます。やかんや鍋などで淹れる場合は、まず、乾燥のヨモギの葉を5~10g取り、約1Lの水を鍋に入れて、火にかけて沸騰させます。そのお湯が沸騰してきたら、弱火にして、1〜2分ほど煮込みます。そのあとに、火を止めて、茶こしで葉をこせば、出来上がりとなります。急須で淹れる場合は、乾燥のよもぎの葉を、15g程度、急須にいれて、熱湯を注ぎます。そのあと、3〜4分ほどおいて、お好みの濃さにすれば、出来上がりとなります。

まとめ

日本ハーブの女王であるよもぎ、お餅だけではなく、お茶でも癒されます。
1.材料は
キク科の多年草
2.特長的な成分は
クロロフィル、シオネール

LINEで送る
[`evernote` not found]
Pocket

LINEで送る
[`evernote` not found]
Pocket