なた豆茶博士 | 効果・効能・おすすめランキング

なた豆茶の持つ効果・効能を詳しく解説します。また厳選した「なた豆歯磨き粉」もご紹介!おすすめランキングもあります。

スギナ茶とは? スギナは、民薬や、漢方薬として用いられてきました。

健康茶・ハーブティ更新日:

スギナ茶とは、スギナという植物から出来た、お茶のことです。

スギナの由来


スギナは、トクサ科のシダ植物の一種です。畑の周辺や、田んぼ、道ばたなど、あらゆるところに植生しています。つくしが成長したあとにも生えてきます。スギナは、ヨーロッパなどでは、貴重なハーブとして重宝されていますが、
日本では、いわゆる、雑草と呼ばれる種類に分類されます。
ですが、スギナはただの雑草ではありません!繁栄力の強さや、豊富な栄養素から、スギナ茶はとてもおすすめのお茶となります。まず、驚くべきは、スギナの繁栄力の強さです。第二次世界大戦の当時、広島に原爆が投下されたあとに、一番最初に生えてきた植物がスギナ、と言われているところや、スギナはいったん生えてくると、なかなか除去することが出来ないほど、1度生えてくると生えっぱなし!と、いうところなどから、繁栄力の強さを現して、別名、地獄草」 とも呼ばれているほどです。
また、雑草や、地獄草と呼ばれていても、スギナは、古くから民薬や、漢方薬としても用いられてきた歴史があります。

スギナの効果

スギナ茶には、ミネラル成分が豊富に含まれているところが、大きな特徴となります。このスギナ茶に含まれている、ミネラル成分は、スギナ茶が地獄草と呼ばれている、最大の理由である成分とも言えます。このスギナ茶に含まれている、ミネラル成分は、ほかのハーブにはない、飛び抜けた含有量を保持しています。また、ミネラル成分の1つである、ケイ素という成分が、スギナ茶には豊富に含まれています。ケイ素の働きによって、血液をサラサラにする効果や、
身体の中にある、血液内のお掃除もしてくれます。

そしてこのケイ素には、がん細胞の成長を抑えるだけではなく、がん細胞を壊す効果もある、というから驚きです!スギナ茶の、恐るべき繁栄力の強さを感じられる効果の1つですよね。さらには、利尿作用もあるので、むくみ解消効果にも繋がりますよ。

スギナ茶の摂り方

スギナ茶は、これだけの効果があるのにも関わらず、すっきりとした香りがして、とても飲みやすいお茶です。スギナ茶を飲む際のおすすめの時間帯があります。それは、朝食の30分前です。朝食の30分前にスギナ茶を飲むことで、
スギナ茶の成分がより身体に吸収されやすくなるからです。注意点として、食事中や食後は、スギナ茶を飲むのを避けていただきたいのです。なぜなら、食事中や食後だと、スギナ茶の成分が身体に吸収されにくく、効果が半減してしまうからです。ぜひ、スギナ茶を、朝食の30分前に取り入れて、効果を楽しんでくださいね!

まとめ

スギナの生命力を、お茶で取り込むことができます。
1.材料は
トクサ科のシダ植物の一種
2.特長的な成分は
ケイ素、ミネラル

LINEで送る
[`evernote` not found]
Pocket

LINEで送る
[`evernote` not found]
Pocket