なた豆茶博士 | 効果・効能・おすすめランキング

なた豆茶の持つ効果・効能を詳しく解説します。また厳選した「なた豆歯磨き粉」もご紹介!おすすめランキングもあります。

ゴーヤー茶とは? ゴーヤーをお茶にすると飲みやすくなります。

健康茶・ハーブティ更新日:

ゴーヤー茶とは、沖縄県の有名な食材である、ゴーヤーを使ったお茶のことです。

ゴーヤーの由来


ゴーヤーは、インドなどの東南アジアから中国へ伝わり、1596年頃に、中国から日本へと伝わってきました。
昔からゴーヤーは、夏バテ防止に効果的な食材として、沖縄県を中心に、愛食されてきました。現在では、その栄養価の高さから、沖縄県だけではなく、沖縄県以外の都道府県のスーパーなどでもよく、お見かけするようになりました。

ゴーヤーの効果

そんなゴーヤー茶は、ダイエット中の方に、とてもおすすめのお茶なのです。ゴーヤー茶には、脂肪を燃焼しやすくする、リノレン酸という成分が豊富に含まれています。このリノレン酸の働きによって、リパーゼという、脂肪の分解を活性化させる成分の働きを活発にしてくれるので、体内脂肪の燃焼を促してくれる効果が見られるのです。また、ゴーヤーには、食物繊維も豊富に含まれているので、腸内環境を整えることが出来ます。そして、ビタミンCも豊富に含まれています。ゴーヤー茶に含まれている、ビタミンCの量は、キュウリの5倍、キャベツの4倍、レモンの2〜3倍も含まれている、と言われているほどです。また、ゴーヤーのビタミンCは、熱を加えても壊れにくく、調理をしても、しっかりビタミンを吸収することが出来るとされています。
さらには、ゴーヤー茶には、カリウムも豊富に含まれています。このカリウムが豊富に含まれていることによって、さらにダイエット効果を手に入れることが出来ます。なぜなら、カリウムは、余分な塩分や水分を、体内に出してくれる働きをしてくれるからです。この働きによって、むくみの防止に繋がります。むくみ防止に効果的な成分であるカリウムは、ゴーヤーをそのまま食べるだけでも、カリウムを豊富に摂取することが出来ますが、ゴーヤーをゴーヤー茶にすることで、なんと、食材のままのゴーヤーの、15倍ものカリウムを摂取することが出来るのです!

ゴーヤー茶の摂り方

ゴーヤーを使ったお茶なんて、絶対に苦くて飲めないのでは?おっしゃる方も多いのですが、実は、ゴーヤーをお茶にすると、苦味が消えて、とても美味しくなるのです!
味わいは、ほうじ茶のような味わいです。ホットでもアイスでも、どちらでもお召し上がりいただけますが、ホットで飲む際は、3、4分蒸らすと、さらに美味しく召し上がっていただけます。ゴーヤーをお茶にすることで、ゴーヤー独特の苦味が和らぎ、むくみ効果がバツグンになるなんて、飲まない手はないですよね!是非、ゴーヤー茶で、おいしく、ダイエット効果をゲットしましょう!

まとめ

栄養たっぶりのゴーヤーをお茶にすると、苦味が消えて、とても飲みやすいお茶になります。
1.材料は
ウリ科の植物
2.特長的な成分は
カリウム、リノレン酸、ビタミンc

LINEで送る
[`evernote` not found]
Pocket

LINEで送る
[`evernote` not found]
Pocket