なた豆茶博士 | 効果・効能・おすすめランキング

なた豆茶の持つ効果・効能を詳しく解説します。また厳選した「なた豆歯磨き粉」もご紹介!おすすめランキングもあります。

ゲンノショウコ茶とは? ゲンノショウコは医者いらずと言われてきました。

健康茶・ハーブティ更新日:

ゲンノショウコ茶とは、ゲンノショウコという、フウロソウ科の多年草から出来たお茶のことです。

ゲンノショウコの由来


ゲンノショウコは、北海道から沖縄まで、日本の山々や道端などの、いたるところに植生しています。江戸時代の初期頃から、民間薬として使用されたことが、ゲンノショウコウの始まりと言われています。
ゲンノショウコは、漢字にすると、「 現の証拠 」 と書きます。これは、それほど、ゲンノショウコ茶を飲むと、非常に早いスピードで、現に (ゲン) に、良い効果が見られる証拠 (ショウコ) である、というエピソードから、この名前がついたのです。また、ゲンノショウコ茶は、「 医者要らず 」 と、言われているほど、優れた効果を発揮してくれるお茶なのです。
では、いったい、どのような効能をもっているのか、本当に早く効果が見られるものなの?など、みなさんが気になる、ゲンノショウコ茶ってどのようなお茶なのか!を、順番にご紹介していきます。

ゲンノショウコの効果

ゲンノショウコウ茶の特長的な効能は、胃腸の不調に素早い効果が発揮される、というところです。胃腸の不調とは、主に、下痢や便秘のことです。これらに悩んでいらっしゃる方々には、とてもゲンノショウコ茶がおすすめです!
下痢や便秘が続くと、腸内環境が乱れてしまいます。腸内環境が乱れると、最悪の場合には、病気の原因にもなってしまうのです。ゲンノショウコ茶に含まれている、タンニンという成分と、ケルセチンという成分による働きによって、下痢や便秘を解消してくれます。

ゲンノショウコ茶の摂り方

ゲンノショウコ茶お味は、とても飲みやすいお茶です。のど越しはサラっとしていますが、少しだけ苦味があります。そんなゲンノショウコ茶は、他の茶葉とブレンドすると、さらに美味しくいただけます。ゲンノショウコ茶は、とても簡単に作ることが出来ます。作り方は、2つあります。
1つめは、煎じて作る方法と、2つめは、抽出して作る方法です。通販サイトなどで、ゲンノショウコ茶を手に入れていただき、煎じて作るのか、抽出して作るのか、ご自身の好みで、お好きなほうを選んでいただけます。
煎じて作る場合と、抽出して作る場合では、抽出して作った場合の方が、煎じた場合よりも、すこし飲みやすくなります。
ただし、ゲンノショウコ茶を作る際には、注意点が1つあります。それは、抽出する際に、ゲンノショウコ茶を薄めに作るのか濃いめに作るのかで、効能が変わってくる、という点です。
実は、ゲンノショウコ茶は、薄めに作ると、便秘効果があり、濃いめに作ると、下痢の特効薬があるのです。ゲンノショウコ茶の濃さによって効能が変わってきますで、ここだけはご注意いただき、愛食してくださいね。

まとめ

ゲンノショウコ茶は、胃腸を整える、素晴らしい効果があります。
1.材料は
フウロソウ科の多年草
2.特長的な成分は
タンニン、ケルセチン

LINEで送る
[`evernote` not found]
Pocket

LINEで送る
[`evernote` not found]
Pocket