なた豆茶博士 | 効果・効能・おすすめランキング

なた豆茶の持つ効果・効能を詳しく解説します。また厳選した「なた豆歯磨き粉」もご紹介!おすすめランキングもあります。

ニンニク茶とは? にんにくは、肉料理には欠かせませんが、お茶もできます。

健康茶・ハーブティ更新日:

ニンニクを知らない人はいないと思います。それほど有名な食材です。ニンニクは日本産寒地系、日本暖地系、中国産ホワイト、その他に分類されます。またニンニクは鱗茎が特徴の植物で球根、茎、葉、芽などすべてが食用になります。

ニンニクの由来


ニンニクはヒガンバナ科ネギ属の多年草です。原産地は中央アジアと言われています。中央アジアで始まったニンニクは、紀元前のエジプトでピラミットを作る労働者に滋養強壮の目的で食べさせていたようです。それから中国に渡り8世紀頃に日本に渡ってきたと言われています。ニンニクは最も古い医学書「エーベルス・パピルス」に薬として記載されています。また日本では僧侶が食べてはいけない五辛の1つになっています。五辛とはニンニク、ネギ、ニラ、らっきょ、ショウガになります。五辛の理由は情欲や憤怒を僧侶に感じさせないためです。その頃からニンニクには元気を出すパワーがあったのです。現在、ニンニクは医薬品のチアミンやアリナミンで有名になりました。それから中華料理、韓国料理、インド料理、イタリア料理、フランス料理で食材の臭みを消したり味付けのために使われたりしています。世界中の方々から愛されている食材になっています。 

ニンニクの効果

ニンニクのイメージは、パワーが出るものとして理解されているのではないでしょうか?。事実、滋養強壮としてニンニクを原料にしている医薬品や料理がたくさんあります。これほど健康に関連して人気の高い食材はないでしょう。ニンニクの効果に関係する成分は、「アリインが酵素と反応したアリシン」「アリシンとビタミンB1とが結合したアリチアミン」「スコルジニン」、「ビタミンA・B1・B2・B6・C」、ポリフェノールなどであります。効果はアリシンの殺菌作用と脂肪燃焼作用、アリアチミンの疲労回復作用と代謝促進作用、スコルジニンの血行促進作用と発汗作用などになります。それからB1の疲労回復と滋養強壮、ビタミンCやポリフェノールの抗酸化作用などです。つまりニンニクには体を元気にさせる成分がたっぷりあるのです。

ニンニク茶の摂り方

市販では、ニンニク茶は人気が高く、最近ではニンニクの臭みなどを消した黒ニンニク茶も注目を集めています。ニンニク茶は自宅で作ることができます。ニンニクを小さく切り刻んで煮出しすれば出来上がります。これでは味気がないからショウガを混ぜたりレモンを垂らしたり工夫をすることでニンニク臭が弱まり良い味付けができます。また最近人気がでてきた黒ニンニク茶も簡単に自宅でできます。これはニンニクを発酵させた黒ニンニクの皮を茶葉にしてお湯をかけて飲みます。臭みが少なく甘くて飲みやすいと言われています。これらはすべて健康茶として購入できるため、通販などで購入することをお勧めします。
ニンニク茶はどうしてもニンニク臭があります。これを解決するためニンニク茶にショウガやレモン汁などを混ぜる方法があります。でもニンニクの効果が出る頃には全身からは匂いますよね。でも疲労回復ができるまでは我慢するしかありません。ニンニクのよる大きな副作用はありません。まれにニンニクアレルギーや胃や腸の粘膜を荒らすことがあります。ニンニクアレルギー以外は大量摂取を避ければ問題はありません。

まとめ

普段から食べ慣れているニンニクの効果は滋養強壮だけでなく、殺菌作用、脂肪燃焼作用、抗酸化作用などがあります。この効果はニンニク臭によるダイエットや美容に繋がるようです。毎日飲むには匂いが課題でなりますが黒ニンニク茶など改良されてきています。これからもっと飲みやすいお茶になるのではないでしょうか。
1.材料は
ヒガンバナ科ネギ属の多年草
2.特長的な成分は
アリシン

LINEで送る
[`evernote` not found]
Pocket

LINEで送る
[`evernote` not found]
Pocket