なた豆茶博士 | 効果・効能・おすすめランキング

なた豆茶の持つ効果・効能を詳しく解説します。また厳選した「なた豆歯磨き粉」もご紹介!おすすめランキングもあります。

イカリソウ茶とは? イカリソウは滋養強壮の効果があるとされます。

健康茶・ハーブティ更新日:

イカリソウは、滋養強壮に良いと知られてきています。

イカリソウの由来


イカリソウはメギ科の多年草です。昔から中国では陰羊霍(いんようかく)という精力増強用の生薬として茎と葉が利用されてきました。原産は中国と言われていますが、20種類以上あるイカリソウの中には日本でも生息しているものがあります。このイカリソウには有名な話が残されています。それは俳人小林一茶がイカリソウを愛用し晩婚にも関わらず5人の子供を授かったということです。イカリソウの花は4月から5月にかけて咲きます。花は船の錨のような形をしているため、錨草とも書きます。また花は薄紫色や薄黄色などがあり観賞用に売られています。漢方としての陰羊霍(いんようかく)は、羊が子孫を残すためにイカリソウを食べて頑張っていたことがこの名前の由来になっているそうです。イカリソウの歴史は精力増強のエピソードが多いです。

イカリソウの効果

日本に生息するイカリソウはキバナイカリソウ、トキワイカリソウ、バイカイカリソウがあります。生息地域は北海道から九州までと全国的です。イカリソウ茶の原料となっているイカリソウの主な成分は、「イカリイン」「フィトエストロゲン」「マグノフロリン」「エピメジン」となります。「イカリイン」は男性の生殖器の血流を高める効果とED改善の効果を持っているようです。また「フィトエストロゲン」は女性ホルモンの分泌促進、「マグノフロリンク」は動脈の血行促進、「エピメジン」は知覚神経の興奮と性ホルモンの分泌促進であると言われています。ここで気になるのがイカリソウの男性生殖器への効果とED改善効果となるはずです。近年、EDはバイアグラの登場で改善方向に進んでいます。でもイカリソウはバイアグラほどの強さはありません。時間を掛けてゆっくりと飲むことで効果が出てくると言われています。

イカリソウ茶の摂り方

イカリソウ茶は自宅でも作ることができます。農園や通販でイカリソウを購入し自宅で育てます。それからイカリソウの茎と葉を刈り取り10日ほど日陰干しします。その後、成分を出しやすいようにするために細かく切ります。イカリソウ茶として1日9gほどを600mlの水で煮出しします。ちょっと手間が掛かりますが自宅でも作ることができる健康茶です。でも健康茶として購入すれば日陰干しをする手間が省け、簡単に煎じて飲めます。
味は漢方になるほどですから苦みがあります。香りは葉の部分の匂いが強く出るようで青臭いと言われています。目的があれば、問題がなく飲むことができます。味と香りに慣れれば大丈夫です。
イカリソウは医薬品として販売されています。その効果は血行促進や女性ホルモンの分泌促進などになります。イカリソウの副作用は頭痛、視力障害、口渇、鼻血、めまいなどと言われています。またイカリソウはエストロゲンの分泌に影響を及ぼすため、妊娠中や授乳中の方は飲用はできません。
 

まとめ

イカリソウ茶の原料になるイカリソウは古くから精力増進に役立ってきました。また近年では女性ホルモンなどにも良い効果があると言われています。
1.材料は
メギ科の多年草
2.特長的な成分は
「イカリイン」「フィトエストロゲン」「マグノフロリン」「エピメジン」

LINEで送る
[`evernote` not found]
Pocket

LINEで送る
[`evernote` not found]
Pocket