なた豆茶博士 | 効果・効能・おすすめランキング

なた豆茶の持つ効果・効能を詳しく解説します。また厳選した「なた豆歯磨き粉」もご紹介!おすすめランキングもあります。

きくいも茶とは? 菊芋がお茶になります。

健康茶・ハーブティ更新日:

きくいも茶という、健康効果が高いお茶をご存知でしょうか?

きくいもの由来


きくいも茶は、キク科の植物から出来たお茶です。きくいもは、北アメリカで栽培が始まりました。日本で食べられるようになったのは、江戸時代からです。第二次世界大戦などの戦時中に、飢えをしのぐために、よく食べられていた食材です。

一般的にいも類には、デンプンを含んでいることが多いのですが、きくいもには、あまりデンプンが含まれていません。このデンプンとは、実は、砂糖と同じものから出来ています。ブドウ糖という、砂糖の仲間が集まってできたものを、デンプンと言い、他のどの食材よりも、いも類に1番多く含まれています。そんな砂糖の塊とも言えるデンプンが、いも類なのにほぼ含まれていないなんて、嬉しいですよね。また、いもの主成分はデンプンですが、デンプンは、糖質に分類されます。三大栄養素と言われる炭水化物は、糖質と、食物繊維で成り立っています。糖質は、血糖値が上昇する原因や、肥満の原因となります。ですが、食物繊維は、血糖値の上昇を緩やかにしてくれます。同じ炭水化物を摂取するのに、糖質と食物繊維によって、効果が真逆になるのです。そんなきくいもは、糖質をほとんど含んでおらず、食物繊維で成り立っています!また、きくいもは、じゃがいもの半分程度のカロリーしかないというところも、嬉しい成分の1つです。

こんなに素晴らしい成分で出来ている、きくいもですが、実はまだもう1つ、嬉しい成分で出来ているのです!それは、きくいもに含まれている食物繊維に秘密があり、イヌリンという、水溶性食物繊維を含んでいる、というところです。この水溶性食物繊維を含む食材は、世界各国にある、どの食材よりも、きくいもに、最も多く含まれているのです。

イヌリンの効果

イヌリンは、「天然のインシュリン」と、呼ばれているほどだということ、インシュリンの分泌量を低く抑えると、糖が脂肪細胞へ運ばれにくくなるということを、きくいも普及会という、きくいもの通信販売をしている会社が発表しています。このイヌリンに含まれている、水溶性食物繊維のつの働きにより、健康効果が3つ見られるのです。1つめは、血糖値の上昇を、穏やかにしてくれる効果です。2つめは、善玉菌を増やしてくれる効果です。3つめは、便通を良くして、腸内環境を整えてくれる効果です。

きくいも茶の摂り方


きくいもをお茶にするには、乾燥させたきくいもを煮出すことによって、お茶となります。きくいも茶のお味は、そば茶のような味わいです。クセがなく、香ばしくいお味で、とても飲みやすいです。煮出し時間を多くすると、さらに美味しく、栄養もたっぷり抽出されますよ。

 まとめ

菊芋は、いもでも、ダイエット効果があるおいしいお茶になります。
1.材料は
キク科の植物
2.特長的な成分は
イヌリン



LINEで送る
[`evernote` not found]
Pocket

LINEで送る
[`evernote` not found]
Pocket