なた豆茶博士 | 効果・効能・おすすめランキング

なた豆茶の持つ効果・効能を詳しく解説します。また厳選した「なた豆歯磨き粉」もご紹介!おすすめランキングもあります。

イチョウの葉茶とは? イチョウは、実でなく葉がお茶になります。

健康茶・ハーブティ更新日:

イチョウの葉茶とは、イチョウの葉を煎じることによって、出来上がるお茶です。

イチョウの由来


イチョウの葉は、秋には黄色い葉で、街を彩ってくれます。また、食材として使用されている、種子(ぎんなん) は、茶碗蒸しに使われたり、漢方薬としても使用されています。
イチョウの葉は、イチョウ科の落葉高木です。原産国は中国で、日本や韓国でも植生しています。およそ2億5000年前の恐竜時代から氷河期時代を生き延びてきた、生きた化石とも呼ばれているほどの歴史ももちます。
わたしたちが目にする、イチョウの葉茶を使用した商品としては、ドラッグストアなどでも、イチョウの葉エキスとして、サプリメントが販売されていたり、もちろん、イチョウの葉茶も販売されています。
イチョウの葉を使って、お茶になるの? 観賞用だけじゃないの?と、思っている方も多いかもしれません、実は、イチョウの葉茶のエキスは、2001年の健康流通新聞の推計値によると、機能性表示食品の市場規模として、110億円とと大きな規模があると発表されているほどです。
それほどの大きなマーケットがある、イチョウの葉茶とはどんなものなのか?気になりますよね!

イチョウの効果

イチョウの葉は、認知症、アルツハイマーへの効果が高いという結果を、臨床試験で発表されています。ドイツやフランスなどのヨーロッパでは、医薬品や健康食品として、使用されています。
イチョウの葉茶には、ケルセチン、ケンフェロール、イソラムネチン、タンニン、ルチン、アントシアニジン、などを含む、フラボノイドという、10種類以上のポリフェノールが含まれています。
このフラボノイドは、血管を広げて血液の流れを良くするので、血液がさらさらになる効果が見られます。また、テルペンラクトン(ギンコライド) という、他の植物には見られない、イチョウの葉の独性とも言える、有効成分も含まれています。
このギンコライドも、血液の流れを良くして、毛細血管を保護したり、血管を強化してくれます。

いちょうの茶の摂り方

イチョウの葉茶のお味は、香ばしさがあり、少し苦味を感じる、という方もいらっしゃいます。匂いは、わずかに枯草の匂いがあります。苦味が苦手だと言う方に、おすすめの方法が2つあります。1つめは、イチョウの葉茶と、他のハーブティーなどを、ブレンドして飲む方法です。2つめは、煮出しタイプのイチョウの葉茶を飲む場合には、少し薄めにお茶を作ることです。薄めに作ると、苦味が半減します。この2つの方法で、とても飲みやすくなります。また、イチョウの葉茶は、ノンカフェインなので、小さなお子さんや、妊娠中のお母さんまで、飲んでいただくことが可能です。

 まとめ

イチョウの葉のお茶は、ほかのお茶とブレンドすると飲みやすくなります。
1.材料は
イチョウ科の落葉高木
2.特長的な成分は
ギンコライド



LINEで送る
[`evernote` not found]
Pocket

LINEで送る
[`evernote` not found]
Pocket