なた豆茶博士 | 効果・効能・おすすめランキング

なた豆茶の持つ効果・効能を詳しく解説します。また厳選した「なた豆歯磨き粉」もご紹介!おすすめランキングもあります。

いぐさ茶とは? いぐさは、畳表の材料だけではありません。

健康茶・ハーブティ更新日:

畳の材料である、いぐさ、を使ったお茶を、みなさんはご存知でしょうか?

いぐさの由来


畳の材料なんて、食用に使えるの?!と、驚かれる方も多くいらっしゃるかもしれませんが、実は、いぐさは熊本県では健康食品として、以前から有名だったのです!
熊本県では、いぐさの生産量が、全国の約90%以上も占めているということ、食べられるいぐさがあった!ということです。いぐさは、畳の原料として、薬草として、約1100年以上前から、用いられてきました。

いぐさの効果

いくざは、栄養成分が豊富で、食物繊維はサツマイモの約12倍、レタスの約40倍も含まれているのです!
なぜ他の食材と、これほどまでに食物繊維が含まれている成分に大きな差があるのかというと、いぐさの60%以上が、
食物繊維で成り立っているからです!
食物繊維が豊富だと、便通が良くなるので、ダイエット効果が期待できます。また、食物繊維には、コレステロール値の上昇を抑える作用や、血糖値の上昇をと抑える作用、大腸ガンの発生を抑える作用、有害物質の除去する作用など、多くの効能が作用されるのです。
また、いぐさ茶には、リラックス効果もあります。これは、畳と同じで、畳がある部屋にいくと、なぜか落ち着く、と感じるのと同じです。いぐさに含まれる匂いにより、リラックス効果が得られるのです。
これほどの効能があるので、最近では、いぐさ茶だけでなく、青汁の原料としても、良く使用されていたり、いぐさを使ったクッキーとしても、販売されています。なんと熊本県では、お店で、食べられるお箸!としても、いぐさが使用されているなど、いぐさは、畳だけではなく、わたしたちの生活に、とても身近な存在となってきているのです。

いぐさ茶の摂り方

いぐさ茶は、いぐさを熱処理し、粉末状にすることにより、食用として出来上がります。この粉末の見た目は、抹茶のような緑色ですが、抹茶よりももっと緑色が濃く、きれいな色をしています。畳、と聞いていると、いぐさ茶は結構渋いのでは?と、お思いの方も多くいらっしゃると思いますが、いぐさ茶は、お茶のような独特の渋みではなく、抹茶のような味わいです。いぐさ茶は、粉末タイプのものや、茶葉タイプのものが、健康食品として販売されています。ネット通販などでも、たくさんの種類が販売されているので、気軽に購入することが出来ます。

まとめ

日本人にとって、とても歴史があり、身近ないぐさを使ったお茶であるいぐさ茶で、多くの健康を手を維持しましょう。

1.材料は
イグサ科の植物
2.特長的な成分は
植物繊維

LINEで送る
[`evernote` not found]
Pocket

LINEで送る
[`evernote` not found]
Pocket