なた豆茶博士 | 効果・効能・おすすめランキング

なた豆茶の持つ効果・効能を詳しく解説します。また厳選した「なた豆歯磨き粉」もご紹介!おすすめランキングもあります。

あずき茶とは? あずきは女性の味方?

健康茶・ハーブティ更新日:

女性の味方である、あずき茶をご存知でしょうか?

あずきの由来


あずき茶は、その名前の通り、あずきから出来たお茶です。あずき茶に使用されているあずきは、あんこの原料です。
ぜんざいやおはぎ、お赤飯など、好きだと言う方も多いのではないでしょうか?そんなあずきを使ったお茶は、甘くて美味しそう!と、お思いの方も多いかもしれませんね。実は、美味しいだけではなく、女性に嬉しい美容効果が、あずき茶にはたくさんあるのです。
あずき茶のあずきは、約2000年前に、東アジアから伝わってきました。あずきの煮汁が解毒剤として用いられた、という記述が、中国の薬学書に残っているほど、古くから親しまれてきた食材です。
あずきは現在、主に北海道で生産されています。なんと、全国の8割を超えるほどの生産量です。そしてあずきは、日本だけでなく、中国や韓国でも良く食べられている食材なのです。特に韓国では、市場の食堂などでも、パッチュッという、あずきとうるち米で煮た、あずき粥として販売されています。朝ごはんや、冬至の日に食べる習慣があるほど、親しまれています。

あずきの効果

なぜあずき茶は、女性の強い味方なのかというと、あずき茶に含まれている、サポニンの働きにより、コレステロールの低下や、便秘やむくみ解消といった、健康維持やダイエットに効果的だからです。なぜあずき茶は、便秘の予防に役立つのかというと、あずきなどの豆類に多く含まれている、不溶性の食物繊維は、水に溶けずに水を吸収して、数倍にも膨れるからです。さらにこの膨れる作用により、腸を刺激して、便が結腸や直腸で容積が増大するとともに、膨軟化もして、排便が促進される、という仕組みから、便秘の予防に役立つとされます。(出典:公益財団法人日本豆類協会)
あずき茶にはポリフェノールも豊富に含まれており、あずき茶に含まれるポリフェノールの種類は、アントシアニン、カテキン、ルチン、イソフラボンなどです。これらはいずれも強い抗酸化作用をもっているので、アンチエイジング効果も期待できます。また、あずき茶には、ほぼ糖質が含まれていないのも、ダイエット向きであるお茶という、大きなポイントとなりますよね。そしてもう1つ、あずき茶はノンカフェインなので、妊娠中の方も安心して飲んでいただけますよ!そんな良いことづくしのあずき茶ですが、あずき茶を飲む際に、1つだけ注意点があります。それは、あずき茶を飲む量は、1日500ml以内にしましょう、ということです。なぜなら、あずき茶には、利尿作用があるからです。
過剰摂取をすると、お腹がゆるくなり、下痢になってしまう場合もありますので、1日に摂取する量だけは気をつけて、あずき茶で美容効果を手に入れましょう。

あずき茶の摂り方

あずき茶の作り方は、暫く水につけたものは、煮出し手作ります。とても簡単です。あずき茶は、あんこの香りがしますが、はさっぱりとしていて、ほうじ茶のような味わいです。

まとめ

アシタバは、栄養たっぷりの野菜で、料理やお茶として手軽に利用できます。
1.材料は
ササゲ属の一年草
2.特長的な成分は
サポニン、ポリフェノール

LINEで送る
[`evernote` not found]
Pocket

LINEで送る
[`evernote` not found]
Pocket