なた豆茶博士 | 効果・効能・おすすめランキング

なた豆茶の持つ効果・効能を詳しく解説します。また厳選した「なた豆歯磨き粉」もご紹介!おすすめランキングもあります。

甘(あま)茶とは? 甘茶は、甘いから甘茶だけど!

健康茶・ハーブティ更新日:

甘茶は、甘いから甘茶だけど!ノンカロリーのノンカフェインのお茶です。

甘茶の由来


古くから甘茶は寺院の庭で植えられ、その葉を蒸した後に揉み乾燥させお茶にして飲んでいたそうです。甘茶は紫陽花によく似ており寺院の庭で綺麗な花を咲かせます。
甘茶はユキノシタ科の落葉性低木ガクアジサイの変種と言われています。現在、飲用されている甘茶は中部日本に生息するヤマアジサイの変種のようです。原産地は日本、インド、東南アジアになります。この甘茶は古くから日本で飲用され、釈迦の誕生日を祝うために仏像に注ぎかけていました。また砂糖ができるまでは、その甘みを利用していたと言われています。甘茶の甘みはフィロズルチンとイソフィロズルチンの成分からなっており、砂糖の400〜800倍と言われています。ところが甘茶の甘みは低ロリーでノンカフェインと有り難い健康茶になっています。その他に甘茶の葉にはサポニンが含まれ体に嬉しい働きをもっているのです。

甘茶の効果

甘茶はガクアジサイの変種として日本では古くから日本では甘みの成分を利用してきました。現在の甘茶は寺院での花祭り以外に健康茶としてドラックストアーなどで販売されています。健康茶として期待される甘茶には、鎮静効果、動脈硬化予防、ダイエット効果、生活習慣病予防などに期待が持てる配糖体のサポニンが含まれているとされます。その他に抗アレルギー、口臭予防、歯周病予防が期待できる甘茶メタノールが含まれています。

甘茶の摂り方

甘茶は庭で栽培できるため、手軽に採取することができます。また、甘茶は手軽に作ることもできます。まずは甘茶の葉を採取してきます。葉はそのまま食べることが出来ますが苦みが強いそうです。だから甘みを出すために甘茶の葉を日干し次に発酵をさせ、煎じて飲む頃には甘くなっているようです。また、お湯を注いだ後に甘みが強くなる前に飲用した方が良いと言われています。それは甘み成分がたっぷり出ることで敏感になり気分を害することがあるからです。
甘茶はその言葉通りに甘いです。甘さは低カロリーにノンカフェインであるため、ダイエットに最適であります。甘茶の香りは漢方や生薬であると言われますが、慣れない香りではありません。それは石鹸や入浴剤でも多く利用されているからです。
古くから日本で飲用されてきた甘茶には大きな副作用はないと言われています。しかし甘み成分を濃くすることで体が敏感に働き嘔吐作用が発生することがありますので注意が必要です。

まとめ

古くから、甘茶は釈迦の誕生日を祝うお茶として日本では愛用されてきました。健康茶として販売されています。
1.材料は
ユキノシタ科の落葉性低木ガクアジサイの変種
2.特長的な成分は
フィロズルチン、イソフィロズルチン

LINEで送る
[`evernote` not found]
Pocket

LINEで送る
[`evernote` not found]
Pocket