なた豆茶博士 | 効果・効能・おすすめランキング

なた豆茶の持つ効果・効能を詳しく解説します。また厳選した「なた豆歯磨き粉」もご紹介!おすすめランキングもあります。

クコの実茶とは? クコの実は、中華料理・中国料理でお馴染みです。

健康茶・ハーブティ更新日:

クコの実は、中華・中国料理でおなじみの赤い実のことです。クコは実、葉、根がすべて漢方薬になる優れた植物です。

クコの実の由来


クコの実の原料になるクコは、ナス科クコ属の落葉低木です。原産地は中国や日本などの東アジアになります。クコは高地を避けて湿気のある場所を好んで生息しています。日本にもあり、河原や海岸などです。日本では平安時代から健康のために食されてきましたが、一般的な食材とはなっていませんでした。それはクコの実は、身分の高い人がに利用されれてきたためです。中国では3000年前から漢方として使用されてきました。それはクコの実、葉、根に多くの健康に良い成分が含まれているからです。そのため、ゆわゆる健康の為の食事とされる、薬膳料理には、クコの実がよく用いられます。杏仁豆腐にも、添えられていますが、見栄えと健康の両方をアピールしてるといえるでしょう。また、最近ではアメリカなどでスーパーフードとして愛用者が増えているようです。

クコの実効果

中国では漢方として使用されてきたクコの実には、滋養強壮に効果があるアルカロイド、胃の調子を良くするベタイン、免疫力や疲労回力になるベーターカロテン、血管を強くするルチン、美肌効果やアンチエイジング効果があるビタミンC、睡眠改善に効果があるベタイン、抗酸化作用のあるフラボノイドやタンニンなど様々なものがあります。また冷え症改善、血糖値を下げる、男性ホルモンや女性ホルモンを助ける、肝臓の解毒作用を助けることもあると言われています。これがスーパーフードと言われる理由になります。

クコの実茶の摂り方

クコの実茶は簡単に作れます。クコの実をスーパーで購入し20gほどお湯を注ぐだけです。実際には通販などで品質が保証されたクコの実を入手してお茶にしましょう。中国からの輸入品が多いですが国産もありますので購入時に注意をしましょう。クコの実は一般的には無臭で味は酸っぱい感じがあるそうです。紅茶やハーブなどとブレンドすれば、とても飲みやすく、おいしいです。クコの実茶は大きな副作用はありませんが注意事項があります。まれにアレルギーを発症することがあります。またクコの実茶の飲み過ぎは下痢になることあるため、適量を飲みましょう。

まとめ

クコの実茶はスーパーフードとして人気が高く、紅茶等等と、ブレンドすれば、美味しくいただけます。
1.材料は
ナス科クコ属
2.特長的な成分は
ベタイン、ベーターカロテン、ルチン、ビタミンC、



LINEで送る
[`evernote` not found]
Pocket

LINEで送る
[`evernote` not found]
Pocket