なた豆茶博士 | 効果・効能・おすすめランキング

なた豆茶の持つ効果・効能を詳しく解説します。また厳選した「なた豆歯磨き粉」もご紹介!おすすめランキングもあります。

ウコン茶とは? ウコンは二日酔い対策のイメージが強いですが。

健康茶・ハーブティ更新日:

ウコンと言えば、二日酔い対策のイメージが強いですよね。ウコンの力は、二日酔い対策だけではありません。

ウコンの由来


ウコン茶の原料であるウコンは、アジアの熱帯地域に生息するショウガ科ウコン属の多年草です。生産は原産地のインドが世界一です。その理由は、古くからインド料理には欠かせない黄色いスパイスとなっているからしょう。日本には江戸時代に渡来したと言われており、主に沖縄と鹿児島で栽培されています。ウコンの由来は、鮮やかな黄金色の意味から鬱金となり、漢音だと「うっこん」であるが「うこん」へと変化しました。ウコンは食材になっている春ウコンと秋ウコン、漢方になっている紫ウコンなどの種類があります。日本で健康茶やサプリメントとして春ウコンと秋ウコンが主に利用されています。現在、インドでは品種改良され50種類以上になっているそうです。

ウコンの効果

ウコンの、主な成分はクルクミン、精油、ミネラル、食物繊維などです。クルクミンはポリフェノールの一種で抗酸化作用がり長寿への効果があると言われています。その他にクルクミンは肝機能循環を良くする働き、コレステロールを下げる働き、ダイエットへの働きなどに期待があるようです。精油には、胆汁分泌を良くするターメロンとシネオール、抗炎症が期待できるアズレンやカンファーなどが含まれています。またウコンは根茎が原料であるため、食物繊維がしっかりと含まれ便秘の改善もあるようです。ところがウコンの4つの成分は種類により含有量が異なります。秋ウコンはクルクミンが多く含まれ、春ウコンはクルクミンの量が少なく精油が多い、紫ウコンは精油のみに近いと言われています。ウコンの効果を期待するには秋ウコンと春ウコンがブレンドされたものがオススメになります。

ウコン茶の摂り方

ウコンは健康茶、サプリメント、パウダーなどで販売されています。この中でもウコン茶は自宅でも作ることができます。ウコン茶を作るには、まずウコンを通販などで購入します。それからスライス状にカットし、水分がなくなるまで干します。ウコン茶になるまでに1週間半から2週間のほど日乾しします。出来上がったウコン茶はティーパックに入れて、水が黄色くなるまで煎じます。飲み方は煎じたままでも冷やして飲んでも構いません。また市販されている健康茶の入れ方も同様です。気になるウコン茶の味や香りは、味は成分や製造方法によって違うようです。基本的にウコンは独特な苦みと辛みに香りがあると言われていますが、秋ウコンはクルクミンの含有が多くマイルドで香りも少なく飲みやすいようです。近年ではウコンを発酵させることでよりマイルドになっています。ウコンの副作用については、明確になっていないとされます。よって、体調が気になる方は、医師に相談をしましょう。

まとめ

ウコンは二日酔い対策によく使われています。でもウコンは苦みや辛みに独特な匂いがあり抵抗をもつ方がいます。でもウコン茶なら乾燥させているため、味もマイルドで手軽に飲むことができます。
1.材料は
ショウガ科ウコン属の多年草
2.特長的な成分は
クルクミン、精油、ミネラル、食物繊維


LINEで送る
[`evernote` not found]
Pocket

LINEで送る
[`evernote` not found]
Pocket