なた豆茶博士 | 効果・効能・おすすめランキング

なた豆茶の持つ効果・効能を詳しく解説します。また厳選した「なた豆歯磨き粉」もご紹介!おすすめランキングもあります。

カモミールとは? カモミールは世界最古のハーブです。

健康茶・ハーブティ更新日:

カモミールとは、キク科のハーブの1種で、世界中で愛されて、親しまれてきたお茶です。

カモミールの由来

カモミールは、世界最古のハーブと言われていて、4000年以上も前である、古代エジプトの時代から、薬草として利用され、とても神聖なものとして扱われてきました。日本に伝わってきたのは江戸時代ですが、日本では、別名カツミレと呼ばれ、育てやすく、甘い香りがします。その甘い香りは、カモミールをギリシャ語で、「大地のリンゴ」 と、言う意味があるように、甘酸っぱいリンゴのような香りが特徴的です。カモミールは、お茶として使用されるのに、
ジャーマンカモミールと、ローマンカモミールの、2つの種類があります。ジャーマンカモミールは、一年草で、ローマンカモミールは、多年草です。ハーブティーとしては、ジャーマンカモミールが使用されることが多いです。実はカモミールは、ドイツの保健省で、「 コミッションE 」 という薬用植物の評価委員会において、治療目的での使用が承認されているのです。ドイツの医学部では、ハーブの講義が重要視されています。ハーブについて、国家試験に出題されるほどで、現代医療とハーブ療法は親密だということです。

カモミールの効果

カモミールの1番の特徴は、リラックス効果が得られるところです。興奮や緊張、イライラやストレスなどから、心身ともに、神経を落ち着かせてくれます。女性に嬉しい効果として、カモミールは、身体を芯から温め、血行を良くする効果もあるので、生理痛や冷えに悩んでいらっしゃる方は、ぜひカモミールを飲んでみてください。カモミールは優しい黄色で、甘い香りがして、飲むとホッと落ち着くことが出来ます。カモミールのおすすめの飲み方ですが、カモミールを就寝前の1〜2時間前に飲みましょう。また、カモミールは、胃腸の調子を整えたり、アピゲニンという、抗酸化作用がある成分が含まれているので、アンチエイジング効果、アレルギー症状や生活習慣病にも効果的とされます。リラックス効果があり、ノンカフェインなカモミールですが、1つだけ注意点があります。それは、妊娠中の方や、授乳中の方は、避けていただきたいということです。なぜなら、カモミールには、子宮を収縮させる作用があるからです。ですが、カモミールには、乱れた女性ホルモンを整える作用があります。女性特有の悩みの症状の緩和をしてくれるので、マザーハーブという名ももっているのです。

カモミールの摂り方

カモミールのおすすめの飲み方ですが、カモミールを就寝前の1〜2時間前に飲みましょう。なぜなら、安眠効果を得ることが出来るからです。1日コップ3杯程度を目安に、リラックスする時間を、カモミールで楽しんでくださいね。

まとめ

カモミールは、リラックス効果が得られます。
1.材料は
キク科の植物 ジャーマンカモミール(一年草)、ローマンカモミール(多年草)
2.特長的な成分は
アピゲニン

LINEで送る
[`evernote` not found]
Pocket

LINEで送る
[`evernote` not found]
Pocket