なた豆茶博士 | 効果・効能・おすすめランキング

なた豆茶の持つ効果・効能を詳しく解説します。また厳選した「なた豆歯磨き粉」もご紹介!おすすめランキングもあります。

緑茶とは? お茶といえば、日本茶でしょうか。

健康茶・ハーブティ更新日:

緑茶は、日本人にとって、説明しなくても知っているお茶ですが、近年は海外でも知られてきています。

緑茶(りょくちゃ)とは


緑茶は、ても身近なお茶です。もしかしたら、普段から家庭で緑茶を飲んでいる、という方も多いかもしれませんね。
普段から口にしている方々は、どのような理由で緑茶を飲まれていますか?身体に良さそうだから、美味しいから、という理由でしょうか?
それらはどちらも緑茶に当てはまります。
普段何気無く緑茶を飲んでいた方々も、あらためて、緑茶の魅力を確認することで、さらに緑茶を美味しくいただく方法や、健康効果を得ることが出来るかもしれません。
緑茶の始まりは、奈良・平安時代に、遣唐使や留学僧によって伝えられたものとされています。お茶は非常に貴重なもので、僧侶や貴族階級などの限られた人々だけが口にすることが出来た、とされています。
まず知っておいていただきたいのが、「緑茶」とは、具体的に、どのようなお茶のことを指しているかです。実は、緑茶とは、煎茶、玉露(ぎょくろ)、かぶせ茶、ほうじ茶、玄米茶など、このすべてが、緑茶になるのです!緑茶とは、さまざまなお茶を、まとめた呼び名を指している、日本茶全般のこと!なのです。緑茶は、生のお茶の葉を発酵させずに製造した、不発酵茶です。栽培方法の違いにより、名称が変わります。例えば、玉露と煎茶も、栽培方法が違います。玉露は、日光を遮って栽培するのに対して、煎茶は、日光を遮らずに栽培します。この栽培方法の違いとその後の生産方法により、お茶の味も違ってくるのです。

緑茶(りょくちゃ)の摂り方、効果

普段は煎茶でとることが多いと思われます。緑茶の葉を適量取り出し、急須に入れて、あとはポットのお湯を注いで飲むだけだと、勿体ないです!緑茶は入れ方ひとつで、美味しさが変わります。
緑茶を美味しくいただく方法として重要なのは、緑茶の葉の量と、温度と、蒸らす時間です。
緑茶の葉の量は、ティースプーン1杯分(2〜3g)、お湯の温度は、70〜80℃くらいが適温となります。急須にポットでお湯を注いだあとに、1分ほど待ち、蒸らすことも緑茶を美味しくする、大きなポイントになります。 この蒸らす時間によって、緑茶のお茶の葉がお湯の中で広がって、お茶の成分が出やすくなるからです。緑茶は健康に良いというイメージを持っている方も多いと思うのですが、それは、緑茶に含まれているカテキンにより、様々な健康効果が得られるからです。
最近は、ティーバックやペットボトル飲料として、手軽に飲むこともできるようになりました。
緑茶のカテキンには、老化防止効果があり、生活習慣病の予防や、コレステロールの低下、血糖値の上昇を抑える効果があります。

まとめ

どの緑茶も、お茶の葉を醗酵させずに作られているので、健康に良い、生の葉の栄養成分がたっぷり含まれています。そんな美味しい緑茶を今日もいただきましょう。
1.材料は
チャノキ(ツバキ科ツバキ属)の葉
2.特長的な成分は
カテキン、カフェイン、ビタミン類



シュワケア

LINEで送る
[`evernote` not found]
Pocket

LINEで送る
[`evernote` not found]
Pocket