なた豆茶博士 | 効果・効能・おすすめランキング

なた豆茶の持つ効果・効能を詳しく解説します。また厳選した「なた豆歯磨き粉」もご紹介!おすすめランキングもあります。

マテ茶とは? 南米産の飲むサラダです。

健康茶・ハーブティ更新日:

みなさんはマテ茶を飲んだことはありますか?

マテ茶はどこから

マテ茶は、「 飲むサラダ 」 と言われているほど、野菜不足を補ってくれる、栄養満点なお茶です。 マテ茶は、ブラジル、アルゼンチン、パラグアイの南米大陸南東部地区で生産されているお茶です。この中でもブラジルが1番高い生産量で、この3カ国でしか生産されていません。マテ茶の原料となる、イェルバ・マテ植物の葉や枝を乾燥させて、水やお湯等で成分を抽出することにより、お茶となります。日本へ伝わってきたのは、1970年頃です。最近では、日本コカ・コーラ株式会社から販売されている、「 太陽のマテ茶 」 が有名です。太陽のマテ茶と聞くと、そういえばマテ茶を知っていた!と、お思いになる方も多いかもしれませんね。

太陽のマテ茶のホームページによると、南米の人たちは、お肉の消費量が、日本人より4倍近くも多く消費しているのに対して、野菜の消費量は、日本の消費量の1/2くらいしかないそうなのです!なので、そんな肉料理が中心の南米の人たちにとって、マテ茶は、毎日の食事のバランスをとるためにも、必要不可欠なお茶と言えます。また、日本マテ茶協会によると、空気の薄い山岳地帯のインディオの人たちの強健な体力の秘密の一つは、マテ茶にある、と記載されているほど、マテ茶に含まれている健康促進を促す成分が、豊富に含まれているということがわかりますよね。

マテ茶の効果

これほどまでに愛されているマテ茶には、どんな成分が含まれているのかというと、ポリフェノールのひとつであるフラボノイドや、ミネラルのカルシウムや亜鉛、鉄分などです。このフラボノイドの働きによって、健康維持やダイエット効果に、とても大きな役割を果たしています。それは、コレステロールを下げる働きや、脂肪を吸収する働き、血中の中性脂肪を下げて脂肪をつきにくくする働きの3つの効果になります。また、食物繊維も多く含まれているので、腸内環境を整えて、便秘予防にも効果的です。マテ茶には、乾燥させたグリーンマテと、焙煎させたブラックマテの2つの種類があります。グリーンマテは、やや青臭みがあり、苦味も強めです。ブラックマテは、香ばしさと苦味の中に、少し甘さがあります。マテ茶を飲むタイミングとしては、食事の前や、食事の途中に飲むことをオススメします。ダイエットに効果的ですよ。また、南米と方と同じように、日々野菜不足だと感じている方にも、マテ茶はオススメです。健康茶として最適なマテ茶ですが、1つだけ注意点があります。それは、緑茶や紅茶よりも含有量が少ないのですが、カフェインが含まれているところです。マテ茶に含まれるカフェインは、微量ではあるのですが、念の為、妊娠中の方や、小さなお子さんなどは、避けていただくようにご注意くださいね。

LINEで送る
[`evernote` not found]
Pocket

LINEで送る
[`evernote` not found]
Pocket