なた豆茶博士 | 効果・効能・おすすめランキング

なた豆茶の持つ効果・効能を詳しく解説します。また厳選した「なた豆歯磨き粉」もご紹介!おすすめランキングもあります。

はと麦茶とは? 美肌効果が期待できます。

健康茶・ハーブティ更新日:

はと麦には、漢方として、美肌効果があるとされています。

はと麦とは

はと麦茶はイネ科の植物です。麦茶の原料の大麦も同じイネ科に属しますが、はと麦はトウモロコシやススキに近い方の植物になります。因みに大麦は小麦やライ麦に近いと言われています。はと麦の原産は、中国からインドシナ半島の南アジアになります。中国では古くから漢方として使われ、日本には薬用として伝来してきました。名前の由来は、ハトが好んで食べることからとの説がありますが、はっきりしません。はと麦は、栄養がたっぷり、タンパク質、カルシウム、ビタミン、鉄など含まれていいます。そして、生薬のヨクイニンが有名ですが、このヨクイニンの原料が、はと麦です。はと麦の種皮を除いたものです。このヨクイニンは、イボ・吹き出物を緩和する働きがあるとされ、古くから利用されてきました。

はと麦の効果

はと麦には、コイクセノライドと食物繊維が重要な成分が含まれています。これが、ヨクイニンが健康によいとされる源になります。コイクセノライドは肌の新陳代謝を働かせる作用があると言われています。これは美肌を作り出すための古い角質から新しい角質にする成分です。食物繊維は腸内フローラの善玉菌のエサになり悪玉菌が増えることを抑制すると言われています。はと麦茶は、コイクセノライドが新しく綺麗な肌を作り出す働きと食物繊維が腸の中で溜まる身体に悪い物質を体外に出すデドックスの働きが相まって、身体の中から美肌を作り出します。

はと麦を摂るには

はと麦は、お茶として一般化してきてきていると言えますが、そのまま料理して、食べることもできます。米・麦のような穀物ですから、茹でて、スープや煮物、サラダに添えるなどして試してもよいのではないでしょうか。
とはいえ、お茶として利用が一番便利です。自分ではと麦を炒ってつくることも可能ですが、市販のものを利用することが手軽です。、スーパーやドラックストアーをはじめとして様々なところで販売されています。それにペットボトルとしても販売されています。はと麦茶は麦茶より香ばしい味とも言われています。ホットでも冷やしても美味しくいただけます。今のところ健康を害するような副作用はないと言われています。でも漢方で使われているヨクイニンは体を冷やすとの説もあります、妊娠中は避けた方が良いとされます。

まとめ

健康茶としてお馴染みのはと麦茶は、手軽に入手できる健康茶です。いろいろな効果がありますが、美肌効果が最も期待できることです。季節の変わり目など、肌の手入れが気になる方は、継続的に飲んではいかがでしょうか。

LINEで送る
[`evernote` not found]
Pocket

LINEで送る
[`evernote` not found]
Pocket