なた豆茶博士 | 効果・効能・おすすめランキング

なた豆茶の持つ効果・効能を詳しく解説します。また厳選した「なた豆歯磨き粉」もご紹介!おすすめランキングもあります。

タンポポ茶とは? タンポポは、葉も根も花も薬草です。

健康茶・ハーブティ更新日:

たんぽぽは、土手などで、春に黄色い花を咲かせる多年草の植物です。葉も根も活用することができます。

タンポポの由来は

タンポポはキク科の植物で多年草です。日本ではセイヨウタンポポ、ニホンタンポポが共存しています。セイヨウタンポポは言葉通り、昔は日本に生息していなかったのですが、明治の初期の頃あたりに、外来種として日本に持ち込まれたようです。タンポポは、雑草のようにどこでも育つパワーがあります。そして、タンポポの有効成分は、根、茎、葉、花びら全てにあると言われています。ニホンタンポポもセイヨウタンポポも同じ効果があるとされます。タンポポとは、ユニークなネーミングですね。民俗学の柳田国男は、「タンポポの名は、つづみ(鼓)を打つときのタン・ポンという響きからきている。タンポポの茎の両端を細く裂いて水につけると、反り返り放射状になった両端が、丁度つづみ(鼓)の形状になったからだ」との説をとっています。

タンポポの効果は

タンポポは昔から中国やヨーロッパで薬草として使われてきました。タンポポには、カリウムが多く含まれ、イヌリン、ペクチンなどの有効な成分も含まれています。
主な効果としては、・女性ホルモン分泌を助ける働き ・血流を良くする働き ・不妊症を助ける働き ・利尿の働き などです。
そして、ノンカフェインで、子供、妊婦でも安心で摂ることができます。

タンポポのお茶の作り方

タンポポ茶を自分で作る場合は、根を利用します。開花前に根を掘り出し、葉と茎を除いて水洗いし、刻み、天日干します。コーヒーのような風味を楽しみたいときは、これを、フライパンで乾煎りして利用します。普通の健康茶のような味わいを楽しむには、天日干しをした根を、水で煮詰めて利用します。ただ、市販されているのものを利用するのが手軽です。1日1〜3杯が目安のようです。タンポポ茶は焙煎して販売されているののが多く、薄い苦みのあるコーヒーの味がします。アメリカでコーヒーの代わりに飲まれていたことに繋がります。そのため、タンポポコーヒーという商品名でも売られています。昔からタンポポ茶はたくさんの人たちから飲まれてきました。特に副作用はなかったようです。ただ、コーヒーと同様に利尿効果があるために脱水には注意をした方がよいですね。

まとめ

昔からタンポポは世界中で健康のために使われてきました。それに妊婦や子供に安心なノンカフェインです。女性にとって健康で暮らしていくための優しい味方になるのがタンポポ茶といえます。

LINEで送る
[`evernote` not found]
Pocket

LINEで送る
[`evernote` not found]
Pocket