なた豆茶博士 | 効果・効能・おすすめランキング

なた豆茶の持つ効果・効能を詳しく解説します。また厳選した「なた豆歯磨き粉」もご紹介!おすすめランキングもあります。

ごぼう茶とは? 牛蒡は食物繊維たっぷりです

健康茶・ハーブティ更新日:

ごぼう茶は、ごぼうそのものを使ってお茶をつくります。

ごぼうには、食物繊維がたっぷり

ごぼうは、昔から健康に良い食材と言われ、きんぴらごぼうや、ごぼうサラダででよく利用されています。すこし硬めの食材であり、それが美味しさの要素ともいえます。このごぼうを、お茶にして、多く利用されるようになりました。それは、健康や美容によいと人気がでできたためです。その理由は、ごぼうには、普段私たちが、不足しているとされる、食物繊維がしっかり含まれているからです。ご存じの通り食物繊維はお腹の調子を整える栄養素と言われています。その結果として女性の肌やアンチエイジングに良いと言われるようになったのです。
具体的な働きとしては、・善玉菌にパワーをつける作用 ・お腹の張りを解消する作用 ・下痢を改善方向に導く作用 ・腸内細菌のバランスを改善させる作用 などです。

ごぼうは、平安時代から食べるようになったと言われています。その後、ごぼうの良さが分かり生薬としても使われるようになったと言われています。江戸時代には、「田法記」という書物に「牛傍こそ田畑一の作りもの銀に積もりて並ぶものなし」と書かれるほど栄養価の高い食材になりました。ごぼうはキク科で二年草です。またぎぼうの原産地は地中海から西アジアと言われています。ごぼうの種は中国で漢方に使われ、日本で医薬品に使われています。現在、ごぼう茶は味などが各販売会社で工夫され、美味しい健康茶になりました。

食物繊維が腸内フローラバランスを良くする

腸内フローラを良く聞くようになりましたが、腸内フローラとは、腸内細菌環境のことです。では、なぜ腸内フローラを気にするようになったのでしょうか。それは日本の食生活が欧米化されて肉などを食べる機会が増え、悪玉菌が増えることが多くなったからです。これが原因で腸内環境で便秘、お腹の張りの増えたようです。腸に住んでいる最近は数百種1000兆個以上と言われています。まだまだ未知の細菌が多くあります。それを大別すると善玉菌、悪玉菌、日和見菌の3種類になります。そして腸内環境を整えるために一番重要なのが善玉菌を多くすることと言えます。

では腸内環境で善玉菌が減り悪玉菌が増えるとどうなるのでしょうか。答えは便秘になり肌荒れ、老化、花粉症などになると現在言われています。

そこで腸内環境を整える働きを持っているのは、食物繊維であり、ごぼうのような食材をとることが良いといえます。食物繊維は、乳酸菌などの善玉菌の栄養分になるためです。ごぼうに含まれる食物繊維は、イヌリンであるとあきらかにされています。また、ごぼうには、抗酸化作用があるサポニンなど有益な成分もふくまれています。

ごぼう茶で、食物繊維をいただく

通常、ごぼう茶はティーパックやステックになって売られています。当然、ドラックストアーや通販で販売されています。これは食物繊維を毎日摂ることができます。ごぼう茶のティーパックはお湯の中で1分ほどつけ成分を十分溶かしだし、1日の目安は2〜3杯ぐらいが良いと推奨されます。ごぼう茶の味は、メーカーによって多少の差はありますが、香よく焙煎したものが多いようです。継続して飲むことにより、効果が実感できると思います。

ただ、副作用として、摂り過ぎると逆効果が生じて下痢をすることがあります。体調にあわせて、自分に合った摂り方をしてください。また、潰瘍性大腸炎に罹っている人は、医師の指示に従ってください。 

まとめ

ごぼう茶は腸内環境を整える素晴らしい効果を持っています。それは便秘の解消から始まると言っても過言ではありません。便秘は腸内の悪玉菌が関与し肌荒れや老化の原因にも繋がります。ごぼう茶は便秘を改善することで健康と美容に効果があると言われています。その証拠は様々な方法で報じられています。したがって、ごぼう茶は副作用だけ気をつければ、便秘、肌荒れ、老化の改善が期待できる健康茶と言えます。

 

 

LINEで送る
[`evernote` not found]
Pocket

LINEで送る
[`evernote` not found]
Pocket