なた豆茶博士 | 効果・効能・おすすめランキング

なた豆茶の持つ効果・効能を詳しく解説します。また厳選した「なた豆歯磨き粉」もご紹介!おすすめランキングもあります。

ゆず茶とは? 韓国の伝統的なお茶です。

健康茶・ハーブティ更新日:

ゆずは、中国原産のみかんの仲間です。そのゆずを使った、ゆず茶とは、韓国では定番の伝統的なお茶です。

ゆず茶の作りかた

日本でもゆず茶は浸透しており、既に出来上がったゆず茶を、スーパーなどでも気軽に購入することが出来ます。ゆず茶は、ゆずを使ったお茶なので、ゆずの爽やかな香りがし、程良い甘みを感じ、甘酸っぱさがクセになります。ゆず茶は自宅でも簡単に作ることが出来ます。
なんと材料は、ゆずと砂糖とハチミツの3つのみ!たったこれだけのご準備をするだけで、作ることが可能なのです。

作り方は、まず、ゆずを水道水などでよく洗って、水気を拭き取ります。そして、ゆずを横半分を切り、果汁を絞ります。果汁だけでなく、ゆずの皮も使用します。2センチほどの間隔で、薄く千切りしましょう。果実を覆っている、薄くて白い皮なども捨てずに使用します。フードプロセッサーなどで細かくしましょう。鍋の中に水を入れて、ゆずの皮や果実、果実を覆っている皮の全てを投入します。水の量は、それら全てがひたひたになるように入れるのがポイントとなります。そのあと、火にかけて、沸騰するまで煮詰めます。沸騰したら、砂糖とハチミツを加えて、弱火で10分ほど煮詰めれば完成です。ゆず茶を作る際に、もう1つポイントがあります。
それは、ゆずの皮も含めて、ゆずのすべてをハチミツと砂糖に漬け込んでいるので、お茶というよりも、ジャム状になるまで煮詰めていただいて結構だということです。お茶としてはもちろんのこと、ジャムとして使用していただくことも可能ですよ。
冬場には暖かいドリンクとしてお召し上がりいただけるのはもちろんのこと、夏場は冷蔵庫などで冷やして飲む、冷たいゆず茶としても、美味しくいただけます。
また、ゆず茶はノンカフェインなので、小さいお子さんから、妊娠中の方、ご年配の方と、どんな年代の方々にも、安心して飲んでいただくことが出来ます。

ゆず茶には、3つの嬉しい効果があります

1つめは、リモネンという成分が豊富に含まれているところです。このリモネンは、ゆず独特の香りにより、自律神経を整えて、リラックス効果を得ることが出来ます。

2つめは、ビタミンCが豊富に含まれているところです。ゆずに含まれるビタミンCは、レモンの3倍ほどといわれているほど!ビタミンCが豊富に含まれているので、風邪防止や、肌荒れや吹き出物の予防、美肌効果、アンチエイジング効果も期待出来ます。

3つめは、ダイエット効果です。ゆずの香り成分が、血行促進効果と、新陳代謝をアップする効果があります。この2つの効果により、太りにくい身体を作ることが出来るのです。

また、ゆず茶を飲むことにより、身体の芯から温まることが出来るので、冷え性の方にもおすすめです。

LINEで送る
[`evernote` not found]
Pocket

LINEで送る
[`evernote` not found]
Pocket