なた豆茶博士 | 効果・効能・おすすめランキング

なた豆茶の持つ効果・効能を詳しく解説します。また厳選した「なた豆歯磨き粉」もご紹介!おすすめランキングもあります。

田七人参茶とは? 朝鮮人参人にも劣らない人参です。

健康茶・ハーブティ更新日:

田七人参をご存じでしょうか。朝鮮人参人は有名ですが、それに劣らず有益な人参が、田七人参です。

田七人参とは?

田七人参は中国の雲南省と広東省、海抜1200メール以上の厳しい環境でしか生息しない植物です。希少価値の原料であり、高いものです。このような特別な環境や土壌を背景として、多くの効能を発揮する成分が蓄積されていると言えます。まさに、天からの贈り物です。日本にとっては、大陸からの贈り物です。

 

田七人参の効能

田七人参は、漢方薬として長い歴史の中で経験されてきた効果があります。

・肝機能を高める ・生活習慣病の改善 ・免疫力を高める ・血糖値を下げる ・活性酸素の除去によるアンチエイジング・中性脂肪やコレステロールの改善 ・花粉症の改善

また、更年期障害にも高い改善が期待できるとされてます。田七人参茶の成分は田七ケトン、ゲルマニウム、サポニン、フラボノイド、アルギニン、ミネラルになります。この中で、ホルモンバランスに効果があると言われているのがサポニンになります。その他に活力が湧くアルギニン、抗ストレス改善に良いとも言われています。更年期時の体調不良は、コントロールができないと言われています。備えとして、田七人参茶も良いとされています。

 これ以外にはまだまだ田七人参茶には効果が期待され、研究が進められています。

田七人参をお茶として利用する

田七人参を漢方薬として利用する場合は、生薬をオブラートに包んだりして漢方薬特有の方法となります。一方、お茶として利用する場合、粉末のもの(ステック)や煮出すタイプのものを購入して利用します。田七人参そのものは、少しの苦みと甘みがあり、まろやかな味になります。田七人参をお茶にすることで漢方にある生薬の嫌な味は気にならないようになります。田七人参は永年の利用を踏まえ、安全性は高いと言われています。しかし、下痢や便秘、眠気、口の渇きなどが出ることがあります。効果を感じるためには、継続して飲むことが必要です。また、組み合わせてはいけないものがあるため、医師や薬剤師に相談することをおすすめします。

まとめ 

田七人参は、希少な漢方薬の原料です。お茶としては、ドラッグストアーや漢方薬局で扱っている健康茶であれば、無理なく利用できます。健康茶には、田七人参をブレンドし、かつ美味しく、飲みやすく仕上げたものがあります。滋養供養が気になる方は、一度試してもよいのではないでしょうか?

LINEで送る
[`evernote` not found]
Pocket

LINEで送る
[`evernote` not found]
Pocket