なた豆茶博士 | 効果・効能・おすすめランキング

なた豆茶の持つ効果・効能を詳しく解説します。また厳選した「なた豆歯磨き粉」もご紹介!おすすめランキングもあります。

しいたけ茶とは? 椎茸は森の恵みです。

健康茶・ハーブティ更新日:

椎茸は、料理でお馴染みですが、健康にもとても良いとされています。

しいたけの由来は?

しいたけとは、キノコ類の一種で、年に2回、枯れ木に自生します。いまでは、近年では人工栽培により、1年中食べることが出来ます。

中国などでも栽培されており、世界中で食べられている食材です。

しいたけには、旨み成分と言われているグルタミン酸が含まれているので、食材としてはもちろんのこと、だし汁などにも使うことが可能です。

もちろんしいたけ茶にも旨み成分がたっぷり含まれているので、お茶というよりも、スープを飲んでいるかのような感じで、美味しくいただくことができます。

しいたけ茶は、簡単につくれます。

しいたけ茶は、既に出来上がっているものをネット通販などで購入することも出来ますが、スーパーなどでしいたけを購入し、自宅で簡単に作ることも可能です。

しいたけ茶を自宅で作る際には、スーパーなどで食材として販売している生のしいたけよりも、干ししいたけを使用することをおすすめします。

なぜなら、干ししいたけの方が、しいたけに含まれる良好な栄養成分が、より凝縮されているからです。

作り方は至って簡単で、しいたけを適度な大きさに切り、急須にしいたけを入れて熱湯を注ぎ、3分ほど蒸らせば完成です。

更に美味しく、栄養たっぷりな状態でお召し上がりいただく方法として、鍋に熱湯を注ぎ、しいたけを投入して蓋をし、火にかけましょう。

熱湯にしいたけの色が茶色く染み渡ってきたら火を止めて、その後1晩置けば完成です。

しいたけのみで、何も加えなくても充分美味しく出来上がるのですが、もうひと手間加える方法として、少しお塩を投入すると、更に味わい深い仕上がりになりますよ。

 

3つの”うれしい”があります

しいたけ茶には、主に3つの嬉しいメリットがあります。

1つめは、カフェインを含まないというところです。なので妊娠中の方やダイエット中の方も、安心して飲むことが出来ます。

2つめは、ノンカフェインということ以外に、もう1つのダイエット効果があるところです。それは、エリタデニンという、他のキノコ類にはない、しいたけ独自の成分が、中性脂肪を下げる働きをするのです。

3つめは、高血圧の予防が出来るというところです。こちらもしいたけに含まれている、エニタゲニンの働きにより、悪玉コレステロールを減らし、善玉コレステロールを増やす働きをするからです。

そして、血中コレステロールを下げる働きと、動脈硬化も下げる働きもしてくれます。

1度しいたけ茶を飲むだけで、こんなにたくさんの嬉しい効果が得られるので、是非血圧を気にされている方には飲んでいただきたいです!

更には、しいたけ独自のレンチナンという成分により、がん患者の免疫力改善の効果もあるのです。福島県立の医科大学教授の発表によると、抗がん剤の副作用を和らげたり、がん患者の免疫細胞の活性化で、がん細胞を攻撃する力があるということがわかっています。

その他にも、タンパク質、ビタミンB、ビタミンDもしいたけに含まれています。

ビタミンDの働きにより、骨の育成を助けるので、骨粗しょう症の防止にも繋がるのです。

まとめ

様々な栄養が豊富に含まれているしいたけ。

1日コップ1杯分のしいたけ茶を飲むだけでも、野菜不足が解消出来るとも言えます。

こんなにたくさんの嬉しい効果があり、気軽に作ることが出来るので、是非お試しください。

LINEで送る
[`evernote` not found]
Pocket

LINEで送る
[`evernote` not found]
Pocket